冬キャンプにおすすめの石油ストーブ!購入前にテントサイズをチェックすべし!

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

これからいよいよ本格的な寒さになってきますね。

寒い冬キャンプに欠かせないアイテムと言えば、石油ストーブです!

最近はいろんなブランドから石油ストーブが出てきていますが、どれを選んだら良いのか悩みませんか?

今回は【比較】キャンプに最適な石油ストーブはコンパクトなものがおすすめ!の記事を参考に、石油ストーブを比較しやすいように図にまとめてみました。

各人気ストーブを比較するとこんな感じ!

おっ!サイズ、重量と暖房力で分かりやすくまとまっているね!

何を基準にして選べば良いのか悩むと思いますが、今までのキャンプ経験からすると、暖房出力が大事になってきます。

テントは広いのに、暖房力が低めの石油ストーブで寒い思いをしたことが……。

なので、自分が使用するテントやシェルターの広さによって、どの石油ストーブを選ぶべきか変わってきます。

ただ、暖房力の高いものは、サイズも大きく重いので積載スペースが問題に……。

そこでまとめた図を参考に、いろんな石油ストーブを比較し、なるべく後悔しない選択ができるようにしましょう!

あと寒いシーズンが近づいてくると、商品の在庫が無くなったり、納期が長くなったりする場合があります。

欲しい!って思った時にはなかなか買えないこともあるから注意してね!

そうならないためにも、今のうちにゆっくり検討してもらえたらうれしいです。

もくじ

石油ストーブの魅力

寒い季節のキャンプでも暖めてくれるのが石油ストーブ。

そんな石油ストーブの魅力を説明しますね。

高暖房力でしっかり暖まる

寒いシーズンのキャンプでも暖まる方法として、薪ストーブやガスストーブなどの暖房機器はありますが、その中でも石油ストーブは高出力であり、暖房効果が高いです!

もちろん石油ストーブの種類によって、出力の違い(暖房出力)に違いますが、他の暖房機器と比較すると、テントやシェルター全体を暖めるパワーがあります。

私たちは寒がりですが、石油ストーブがあれば快適なキャンプができますよ〜!

準備・片付けが楽ちん!

石油ストーブを収納ケースから出して、点火すれば準備完了です。

すぐに温風が広がり、テント内を暖めてくれます。

薪ストーブと違い、石油ストーブは組み立てる必要がなく、燃料は薪ではないので、随時投入する必要もありません。

種類にもよりますが、タンクが満タンであれば、約10時間程度使い続けることができます。

1泊2日のキャンプなら給油しなくても良い場合もあります。

そうだね!灯油タンク持っていく必要なし!

あと、薪ストーブのように煙突の掃除や燃えカスの片付けは不要なので片付けも楽ちんです。

冬キャンプはただでさえ荷物が増えるから、準備・片付けが楽だと助かるね!

天板の上でじっくりと時間をかけて調理できる

石油ストーブの天板を使えば、鍋料理やスープを作ったり、アルミホイルで包んで焼き芋を焼いたり、焼いたお肉を保温したりとさまざまな使い方ができます。

ガスコンロのように火力は強くないのですが、じっくりと時間をかけて作る料理に向いていますね!

いつも焼き芋を焼いちゃいます!

私のように寒がりの人、テントやシェルター内でぬくぬく暖まりたい人には、楽に準備・片付けができる石油ストーブはかなり魅力的です!

石油ストーブの選び方

今までの冬キャンプをしてきた経験から、私たちが重要だと思うポイントを4つ紹介します。

後悔、失敗しないように、石油ストーブを購入する前にチェックし、自分にあった石油ストーブを選びましょう。

① テント/シェルターの大きさに対して暖房能力は十分なのか

自分が持っているテントやシェルターの大きさに対して、石油ストーブの暖房能力が足りているのかを確認しましょう。

やはり暖房能力が足りないと、テント内の全体が暖まらず、結局寒い思いをしてしまいます…。

特に大型のテントやシェルターの場合は、空間が広いため、パワーのある石油ストーブでないと、室温が上がりません。

ちゃんと暖まるかが選ぶポイントで一番大事かも!

そうだね!去年は大型テントなのにパワーが小さい石油ストーブで寒い思いをしたね…。

石油ストーブのスペックに記載されている「暖房出力」がパワーを表します。

この値が大きいほど暖めるパワーが大きいので参考にすると良いですね。

ただ、個人的にはSNSやYouTube、ブログで実際のレビューを見たほうが参考になると思います。

寒い環境と使用しているテント、シェルターで、だいぶ暖かさが違ってきますので、外と中でどれだけ気温差があるのかをチェックしましょう!

② 軽量・コンパクトで持ち運びしやすいか

左:トヨトミ KS-67H 右:フジカ ハイペット

キャンプで持ち運びするので、やはり軽量コンパクトな石油ストーブの方が車に積載しやすいです。

テントやクーラーボックス、収納ケースなどでトランクルームが埋まり、積載スペースに限りがありますよね…。

特に冬のキャンプは荷物が多く、コンパクトさは重要になってきます!

あわせて読みたい
これで車の積載はスッキリ!ごちゃごちゃ感を解消する収納コンテナ・ボックスを紹介! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! キャンプに出かけるたびにやることといえば、キャンプの荷物を車に積載すること。 毎回同じ荷物であれば、積載パターンが...

あと重いことで車に積載するのも大変ですが、もう一つ重いことによるデメリットがあります。

それはキャンプの石油ストーブあるあるですが、意外と石油ストーブの置き場を移動させることが多いです。

私の一番近いところに置いてほしいからけっこう動かしますね!

そのときに重いと移動させるだけで大変です……。

苦にならない程度の重さであれば、ラクに動かすことができますね!

③ 安全性は高いのか(自動消火機能・こぼれにくいタンク構造)

最近の石油ストーブにはほとんど付いていると思いますが、「耐震自動消火装置」があるかチェックをしましょう。

地震や接触などの衝撃により、転倒するリスクがあります。

その際に自動で消火する装置が付いていると、転倒などによる火災を防止してくれます。

さらに、灯油タンクの構造も確認すべきポイントです。

転倒して、灯油がキャンプ道具や車に臭いがつくから心配だよね…

例えば、フジカ ハイペットは倒れても灯油が洩れない特殊な構造のタンクをしています。

トヨトミ KS-67Hは二重タンク構造とすることで灯油がこぼれくい設計になっています。

万が一に備えて、安全性の高い仕様になっているかを確認しましょう!

④ 好みのデザインなのか

石油ストーブはレトロでおしゃれなデザイン性だけでなく、最近はキャンプに特化したデザイン性も発売されています。

トヨトミのギアミッションシリーズはいいよね〜

キャンプ自体を楽しむだけでなく、好きな道具に囲まれてやるキャンプも楽しみの一つ。

いろんなメーカーから発売されているので悩みどころですが、自分のサイトにあったデザイン、カラーであるかも大切になってきます。

統一感のあるサイトになるように慎重に選びたいとこですね。

人気ブランドの魅力をさらっと紹介!

各ブランドからさまざまな石油ストーブを販売しています。

人気ブランドの魅力を紹介しますので、石油ストーブ選びの参考にしましょう。

TOYOTOMI | トヨトミ

出典:TOYOTOMI

TOYOTOMIは、対流形、反射形、業務用石油ストーブなどを販売し、つくり続けて70年以上になります。

日本ブランドであり、品質はもちろんですが、長く使ってもらえるようにデザインも追求しています。

7色に輝く炎を出すレインボーストーブをはじめ、ランタン調のデザイン性があるRLシリーズやキャンプサイトにマッチしたデザイン性のギアミッションシリーズなど、人気が高いモデルばかり。

ラインナップが豊富であり、品質も良く、価格帯もリーズナブルなのが魅力的です!

Aladdin | アラジン

出典:アラジン

アラジンは、カセットコンロやガスストーブなども販売し、レトロ調でおしゃれなデザイン性の製品が多いです。

石油ストーブの「ブルーフレームヒーター」が有名であり、90年前から変わらない完成されたデザインが魅力的!

高価な石油ストーブですが、暖まるだけでなく、美しく灯る青い炎をずっと見てられる、癒しの空間を演出してくれます。

PASECO | パセコ

出典:PASECO

PASECOは、韓国ブランドであり、27国を超える国々で販売し、石油ストーブの製造は42年以上になります。

モデルは2種類しかありませんが、どちらのモデルにするか悩んでしまうほど魅力的な石油ストーブをなっています。

1つ目は、軽量コンパクトで燃焼時間が約18時間使用可能な「WKH-3100S」です。

一般的な価格は3万円台ですが、このモデルは驚きの18,999円!

この価格はびっくり!

2つ目は、ハイパワーモデルの「CAMP25」です。

暖房能力を上げようとすると、どうしてもサイズが大きくなってしまいますが、PASECOはなんと収納時に小型化できます!

キャンパーの悩みをうまく解消したところが魅力的ですね!

CORONA | コロナ

出典:CORONA

新潟県に本社を置くCORONAは、暖房機器をはじめ、空調・家電機器や美容・健康機器などさまざまな製品を作っています。

一般家庭に使われる、SXシリーズRXシリーズなどの反射形のモデルが多いです。

キャンプシーンにピッタリなのがSLシリーズで、薄いクリーム色と暖かく包んでくれる雰囲気を醸し出しています。

new Alpaca | ニューアルパカ

出典:new Alpaca

new Alpacaは、韓国ブランドであり、PSCマークやJHIAマークを取得し、安全性を第一に製品づくりをしています。

モデルは1種類のみで、軽量コンパクトタイプになります。

本体と専用収納ケースがセットで購入できるのが魅力的です。

FUJIKA | フジカ

出典:フジカ

フジカは、75年以上の歴史があり、口コミで売れているハイペットが大人気。

倒れても灯油が洩れない特殊構造のタンクであり、特許になっています。

入手困難ですが、軽量コンパクトで高性能であり、デザイン性も良く、キャンパーからの信頼度が高い石油ストーブ。

キャンプ向けのおすすめの石油ストーブ

ここからはキャンプに適している石油ストーブを紹介します。

各モデルと分かりやすくまとめた図を参考にすると、選びやすくなるのでチェックしてみてください!

KS-67H | トヨトミ

出典:Amazon
サイズ高さ 583 × 幅 482 × 奥行き 482 mm
置台を含む
重量11kg
暖房出力6.66kW
燃焼時間約10時間
タンク容量6.3L
安全装置対震自動消火装置
カラーホワイト、ブラック、グレー(ONLINE STORE限定)
参考価格ホワイト:20,400円(税込み)
ブラック:33,300円(税込み)
グレー:29,700円(税込み)

圧倒的な暖房力で暖めてくれるトヨトミの石油ストーブ。

今回紹介する中で最も暖房出力が高いです!

実際に大型テントのバルホールで使ってみましたが、テント内の温度は25℃前後まで上昇しました。

いや〜本当に快適だったね!

こんなにパワフルなのに3万円台なのにビックリ!

こんな人におすすめ!

ハイパワーと価格を両立した石油ストーブが欲しい人

デメリットは重くてデカイこと、燃費が悪いことぐらい…。

ちなみに、積載するとこんな感じです。

左下のがKS-67Hだけど、けっこう存在感があるね…。

この収納ケースはANOBAのものですが、実際にとても使いやすかったのでおすすめします!

前面側のチャックを開けることができるので、石油ストーブが取り出しやすいようになっています。

重たくてデカイKS-67Hにピッタリの収納ケースですね。

実はブラックとホワイト以外にグレーもあるよ〜。

グレーが欲しかった人はチェックしてみてね!

CAMP-25 | パセコ

出典:楽天市場
サイズ高さ 440〜570 × 幅 445 × 奥行き 445 mm
ゴトク取り付け時の高さ 615mm
重量11.5kg
暖房出力6.4kW/h
燃焼時間約10時間
タンク容量7L
安全装置対震自動消火装置
カラーアーミーグリーン、ブラック
参考価格39,600円(税込み)

無骨なデザインで、ハイパワーな石油ストーブ。

1番の特徴は、収納時に本体のサイズが小さくなること!

「ハイパワーの石油ストーブが欲しいけど…、サイズが大きくて積載ができない…。」といった悩みを解消してくれます。

画期的な石油ストーブで感動したよ〜

暖房力が高いことで有名なトヨトミ KS-67Hと同等の暖房出力なので、大きめテントやシェルターでもしっかり暖めてくれます!

こんな人におすすめ!

ハイパワーとコンパクトを両立した石油ストーブが欲しい人

WKH-3100S | パセコ

出典:楽天市場
サイズ高さ 441 × 幅 325 × 奥行き 325 mm
重量5.2kg
暖房出力3.0kW/h
燃焼時間約18時間
タンク容量5.3L
安全装置対震自動消火装置
カラーホワイト、ブラック、グレー、タン、サンドベージュ
参考価格18,999円(税込み)

パセコのコンパクトタイプのWKH-3100S。

末尾が「S」になっているものが2022年最新モデルです。

カラバリも豊富であり、見た目は可愛らしいですね!

フジカ ハイペットと比較すると、軽量コンパクトは同じくらいなのに、暖房出力は高め

・パセコ WKH-3100S:3.0kW
・フジカ ハイペット:2.5kW

いろんなカラーがあるので、サイトのコーディネートがしやすい!

価格、入手性もいいよ〜!

燃焼時間はなんと18時間!
ガンガン使っても給油しやなくても良さそう。

こんな人におすすめ!

1万円台と高コスパなので、始めて石油ストーブを使ってみたい人

アルパカストーブコンパクト | アルパカ

出典:Amazon
サイズ高さ 405 × 幅 350 × 奥行き 350 mm
重量6.6kg
暖房出力3.0kW
燃焼時間約10時間
タンク容量3.7L
安全装置対震自動消火装置
カラーブラック、オリーブドラブ
参考価格31,246円(税込み)

見た目がレトロなデザインのニューアルパカストーブ。

専用の収納ケース付きで3万台であり、カラバリはブラックとオリーブドラブの2種類です。

ブラックはツヤあり、オリーブドラブは半ツヤ

パセコ WKH-3100Sフジカ ハイペットよりもサイズ、重量は大きめですが、暖房出力はWKH-3100Sと同じ。

・ニューアルパカ、パセコ WKH-3100S:3.0kW
・フジカ ハイペット:2.5kW

灯油タンクは漏れにくいように改良されており、灯油を入れたままでも持ち運ぶこともできます。

100%漏れない訳ではないので自己責任でお願いします。

また、石油ストーブを長く使ってもらえるように、消耗品は公式ショップで購入することができます。

本体と専用収納ケースがセットで買えるよ!

こんな人におすすめ!

長く使い続け、収納ケースもセットで買いたい人

ブルーフレーム | アラジン

出典:Amazon
サイズ高さ 551 × 幅 388 × 奥行き 388 mm
重量グリーン/ホワイト:8.5kg(タンク空時)、11.8kg(タンク満時)
ブラック:8.8kg(タンク空時)、12.1kg(タンク満時)
暖房出力2.68kW/h
燃焼時間約15時間
タンク容量4.1L
安全装置対震自動消火装置
カラーグリーン、ホワイト、ブラック
参考価格グリーン/ホワイト:54,780円(税込み)
ブラック:65,780円(税込み)

このレトロ調のデザインに一目惚れしてしまうほど、美しい石油ストーブ。

キャンプだけでなく、おうちやお庭、ガレージなど、どこで使ってもお洒落な雰囲気を醸し出してくれます。

デザインだけで選ぶならコレ!

デメリットは、サイズと重量が大きめの割には、暖房出力が低いこと。

あと価格帯も高めので、デザイン重視の石油ストーブですね!

こんな人におすすめ!

デザイン性のある石油ストーブが欲しい人

SL-66D2(Amazon限定) | コロナ

出典:Amazon
サイズ高さ 598 × 幅 460 × 奥行き 460 mm
重量11.2kg
暖房出力6.59kW
燃焼時間約10.9時間
タンク容量7L
安全装置対震自動消火装置
カラーホワイト
参考価格23,540円(税込み)

ハイパワーなトヨトミ(KS-67H)と同等の暖房出力を誇る石油ストーブ。

トヨトミ(KS-67H)と比較すると、暖房出力だけでなく、重量やサイズ感もほぼ同じです。

燃焼時間は他のハイパワーモデルよりも1時間長く使えます。

・コロナ SL-66D2:約10.9時間
・トヨトミ KS-67H、パセコ CAMP25:約10時間

さらに、価格は2万前半台なので、ハイパワーだけどリーズナブルなところが魅力的ですね!

コスパがいいね!

こんな人におすすめ!

安くてハイパワーな石油ストーブが欲しい人

グローストーブ | スノーピーク

出典:楽天市場
サイズ高さ 474 × 幅 388 × 奥行き 388 mm
重量5.9kg
暖房出力2.54kW
燃焼時間約20時間
タンク容量4.9L
安全装置対震自動消火装置
カラーブラック
参考価格54,780円(税込み)

スタイリッシュなスノーピークの石油ストーブ。

暖房出力は低めですが、燃焼時間はなんと約20時間

満タンにすれば給油する必要がないね。

燃料を気にせずに、ガンガン石油ストーブを使いたい人にはピッタリですね!

価格は高めですが、重量とサイズ感はコンパクト寄りなので、小型・中型テントやシェルターに合う石油ストーブです。

こんな人におすすめ!

燃料を気にせず石油ストーブが欲しい人

ハイペット(反射板付き) | フジカ

型式KSP-229-21C-JSR-BL or WH
反射板<取り外し可能>付モデル
サイズ高さ 432 × 幅 310 × 奥行き 310 mm
重量5.5kg
暖房出力2.5kW
燃焼時間約10〜12時間
タンク容量3.6L(MAX 4.4L)
安全装置対震自動消火装置
カラーホワイト、ブラック
参考価格29,700円(税込み)

転倒しても燃料が漏れない構造の石油ストーブ。

今まで灯油を満タンの状態で積載してキャンプに出かけていましたが、一度も漏れたことがありません

山道や登り坂、下り坂でも安心して積載していますね。

あわせて読みたい
【魅力すぎる石油ストーブ】フジカ・ハイペット!キャンパーが絶賛する理由が分かりました。 こんにちは! bambi旦那です。 以前に「キャンプ用石油ストーブの比較」の記事を書きました。 いろんなストーブや情報がありすぎて悩んでしまうと思いますが、なるべく...

さらに、サイズもコンパクトであり、重量は5.5kgと軽量なので持ち運びに優れています。

デメリットは大型テントやシェルターで使用するには、暖房出力が足りないこと。

それでもミニマルワークスのジャックシェルターミニのような小型テント、シェルターなら十分に暖めてくれますよ!

あわせて読みたい
【レビュー】ソロ向けにピッタリ!ジャックシェルターミニは秘密基地のようなテント こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 「ソロ用テントが欲しい。でもどうせなら、ちょっと変わったテントが良い!」そんな個性的なテントをお探しの方は必見です...

テント・シェルターのサイズに合った石油ストーブを選ぼう!

お好みの石油ストーブは見つかりましたか?

正直なところ、万能な石油ストーブはないので、暖房力軽量コンパクトを重視するか、自分が何を重視しているのかで選ぶと良いですね!

あとご自身が使用するテントやシェルターの大きさによって、暖房出力をチェックしましょう。

私たちは軽量コンパクトなフジカ ハイペットを長く愛用していましたが、大型テントやシェルターではパワーが足りず、寒い思いをしてきました…。

今年はハイパワーのトヨトミ KS-67Hを購入して暖房力の違いを実感したね!

そうだね!テント内がとても快適になったのでこれからのキャンプが楽しみ!

寒い季節になってくればなるほど、石油ストーブの在庫が減り、欲しいものが買えなくなってしまいます。

この記事を参考にあなたに合う石油ストーブを探してみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

寒さ対策はこれでバッチリ!

石油ストーブ以外の寒さ対策はこれをやればOKです。

あわせて読みたい
【秋冬キャンプ】2022-2023年の寒さ対策!総合力で勝負!電源なしサイトでも快適に過ごせます。 こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 暑いシーズンのキャンプも終わり、これから寒いシーズンが到来。私は嫌な虫がいなくなり、澄んだ空気で綺麗な星空が見える...
あわせて読みたい
【冬キャンプでの寒さ対策】これを用意すれば、電源なしサイトでもOK! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! もう梅雨入りも間近になり、すっかり安定して暖かくなってきましたね。とはいえ、キャンプ場の夜はまだまだ寒いです。 去年...

このポータブル電源不要の電気毛布!

あわせて読みたい
【先行レビュー】Gee(電気毛布)の第2弾が登場!モバイルバッテリーで軽量コンパクトな寒さ対策ができる こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 春が近づいてきて、少しずつ気温が上がってきましたね。これから暖かくなり、キャンプのベストシーズン到来です。 でも、...

bambi嫁の必須アイテム。寒がり屋さんは必見です。

あわせて読みたい
電熱ベストは冬キャンプの寒さ対策に効果的!寒がり屋さん必見です こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 寒い時期のキャンプは、虫がいなく、空気も澄んで、星空がキレイに見えて最高ですよね。一方で、「寒さ」が敵になってきま...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ