キャンプ道具

【お手入れ】1年間使用した焚き火台の汚れ・ススをとってみた!

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です!

コロナ自粛で家にいる時間が長くなったので、キャンプに行けない間に道具のお手入れをしよう!と思い立ちました。

今回は「焚き火台」をきれいにしていきます。

汚れて当たり前の道具ですが、あまりにも汚れがヒドかったので、少しでもキレイになったらうれしいな〜。焚き火台の汚れの落とし方をネットでいろいろ調べて実際にやってみました

さて、どこまでキレイになったのでしょうか。

Before | 焚き火台 洗う前

今回洗う焚き火台はこちら。

私はスノーピークの焚き火台Mを使用しています。けっこう汚いですね。

焚き火台の状態
  • 約1年間使った
  • 1度も洗ったことがない
  • 基本は使い終わったら灰捨て場に灰を捨てるだけ。
  • たまに乾いたタオルで拭く。

やっぱり薪を置くところは、こびり付いた油やススがヤバイ。
メインは焚き火ですが、たまに焚き火台の上に網をのせて、肉を焼いたりしていました。こんなにも汚れるんですね…。

真上から見るとこんな感じ。

…うん。キタイナイ!

ちなみに側面はいうと…

比較的キレイな気がします。あまり汚れていないけど、ここも洗ってみます。

それにしてもイイ焼き色がついてますね〜。笑
使えば使うほど愛着が湧いてきます!

【スノーピーク 焚火台】シンプルで無駄がない美しいフォルムスノーピークの焚き火台Mサイズのレビューです。寒い中温まったり、料理をしたり、キャンプには欠かせない焚き火。近年では、直火が禁止となるキャンプ場も少なくないです。そこで必須になる焚き火台。スノーピークの焚き火台はシンプルで無駄のない、美しいフォルムを持った焚き火台です。...

必要な道具

それでは早速、必要な道具を用意しましょう。

今回用意したのはこちら。

セスキ炭酸ソーダ

重曹とセスキ炭酸ソーダのどっちを使えばイイのか悩みましたが、油汚れの方が気になったので、セスキ炭酸ソーダにしました。

セスキ炭酸ソーダは重曹と同じアルカリ性ですが、重曹よりもアルカリ濃度が高いため、重曹では歯が立たなかった頑固な汚れにも効くことがあります。油汚れに対する洗浄力が重曹よりも上回るとのこと。

ちなみに、鍋の焦げ付きをとる力はセスキ炭酸ソーダより重曹の方が強いです。

要するに、使い分ければOKってことですね!

スプレー容器

セスキ炭酸ソーダを水に溶かして吹き付けるのに使用します。

100均にあるもので十分です。

金属ブラシ・スポンジ

こびり付いた汚れをとるのに使います。私はロゴスの万能ブラシを使っています。これされあれば、必要なモノが揃うので便利です。

ない場合はアルミはくを丸めて使ったり、たわしなどで代用することができます。

歯ブラシ

なくても良いモノですが、万能ブラシでは入らないすき間をこするのに使用します。

以上で必要な道具が揃いました。

ここで気をつけてもらいたいことは、セスキ炭酸ソーダはアルミ素材のモノと使用しないこと。焚き火台のほとんどはスレンレス素材なので問題ありませんが、クッカーなどに使う場合は素材を確かめてから使うようにしてください。

セスキ炭酸ソーダはステンレス素材に使用するのはOKですが、アルミ素材だと腐食してしまうので、穴が空く危険があります。

 

実践!!

いよいよ、キレイにしていきます。

水洗いで軽く汚れをとる

水をかけながら万能ブラシでゴシゴシ洗って、カンタンな汚れをとっていきます。
正直なところ、水とブラシだけでは汚れが落ちる気配がまったくしない。

やっぱりブラシだけでは不十分なので、セスキ炭酸ソーダを使いましょう!

セスキ炭酸ソーダスプレーをつくる

作り方はカンタン。
スプレー容器に水500mlとセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯入れて軽く振ります。水に溶けやすいので安心してください。

家にあったスプレー容器が300mlだったけど、とりあえず適当に水を入れます。笑

はい、これで完成!

10分間置いとく

焚き火台にまんべんなく吹き付けていきます。

一通り吹き付けたら、タイマーをセットして10分間そのまま放置します。

金属ブラシ、スポンジでこする

10分経ったら金属ブラシでこすっていきます。
水だけの時よりも汚れが落ちてきてる〜!

こんな感じで若干キレイになっています。黒い部分はとるのは難しいようです。

ちょっとやる気が出てきたので、もう1回セスキ炭酸ソーダを吹き付けて、さらに10分待ってみます

10分後、金属ブラシ、歯ブラシでこすっていきます。

最後に全体を水で流して乾燥させましょう!

さぁ〜キレイになったのでしょうか?

After | 焚き火台 洗った後

洗う前と比べてみましょう。

灰残りや黒い部分が薄くなりキレイになりましたね!いい感じ。

でも色が濃い黒部分はあまり取れませんでしたね。

もう少しセスキ炭酸ソーダを吹き付けたり、セスキ炭酸ソーダの濃度を濃くしたり、浸せば汚れが取れたのかな?

それとも重曹を使った方がもっと取れたのかな?重曹の方が鍋のこげ落としや研磨に向いている試してみたいですね!

残念ながら今回はできなかったけど、しばらく使って汚れたら再挑戦しよう

ちなみに、側面はあまり変わっていないですね…。写真の撮り方かもしれませんが、Beforeの方がAfterよりも色が鮮やかでキレイな気がします。笑

バンビ
バンビ
ちょっとキレイになって良かった〜

まとめ

今回は1年間使用した焚き火台のお手入れでした。

率直な感想を書くと、もう少しキレイになって欲しかったですね。笑
でも、全体的に油や目立つススは取れたので良かったです。

汚れて当たり前のキャンプ道具かもしれませんが、たまにお手入れするのもいいですね。
他のキャンプ道具をやってみようと思いました。

【焚き火】昔の自分に教えてあげたい!初心者でも失敗しない方法とコツ!キャンプをやり始めたとき、「火がつかない」「思ったよりも炎が小さい」「すぐに消えてしまう」など経験してきました。焚き火を成功させるにはいろいろとコツがいるんですよね…。最初のころは思ったような焚き火ができなくて苦労しました。今回は成功させるためのコツをご紹介します。...

この記事がイイね!っと思ったらポチッと応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
こちらの記事もどうぞ!