おしゃれなランタンスタンドが増えてきた!おすすめは打ち込むだけの一脚式

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

ランタンやLEDライトをセットで購入するアイテムといえば、ランタンスタンドではないでしょうか?

ランタンスタンドがないと、ランタンと設置する場所がなかったり、キャンプサイト全体を照らすことができなかったりと、重要な役割を果たしてくれます。

離れた場所に設置すれば、虫をおびき寄せてくれるからマストアイテムだよ!

さまざまなメーカーからランタンスタンドが販売されており、最近ではデザイン性もありながら機能美なものが増えてきましたね。

種類がありすぎて、どれを選べばよいのか迷っている人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おしゃれで個性的なランタンスタンドをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく見ていきましょう。

もくじ

ランタンスタンドって必要?

ランタンやLEDライトは、夜の暗いキャンプサイトを明るく照らしてくれるアイテムなので必要ですよね。

では、ランタンスタンドは本当に必要でしょうか?

実はランタンスタンドは、「ランタンを吊るす」以外の役割もあるため、個人的には必須アイテムです。

その理由を解説していきましょう。

キャンプサイト全体を照らしてくれる

ランタンスタンドがあることで、ランタンを高めの位置に設置することができます。

当たり前ですが、高い位置にあればあるほど、照らす範囲が広くなるため、キャンプサイト全体が明るくなります。

虫を寄せ付けてくれる

ランタンスタンドをキャンプサイトから離れた場所に設置することで、虫を近づかせない役割もあります。

虫が光に集める習性を利用するだよ!

私は虫が苦手なのでランタンスタンドには感謝!

虫をおびき寄せるので、安心してキャンプを楽しめます!

ものを吊るすこともできる

ランタンを吊るす以外に、服や洗った食器を入れたカゴなども吊るすことが可能です。

ランタンスタンドが2本あれば、ガイロープを張り、シュラフや服を干すのにも使えます。

アイデア次第でさまざまな使い方ができるので、あると便利なアイテムですね。

ランタンスタンドの種類・タイプ

ランタンスタンドの種類は3種類に分けることができます。

それぞれの特徴とメリット、デメリットを簡単に解説しますね。

一脚式(打ち込み式)

出典:snowpeak

一脚式のランタンスタンドは、地面に直接打ち込み固定するタイプ。

メリット
デメリット
  • 足を引っ掛けるリスクが少ない
  • 場所を取らない
  • 種類が多い
  • 地面が固いと固定が甘くなる
  • 気軽に移動できない

ランタンスタンドの下は何もないので、足が引っかかる心配も必要ありません。

地面が多少傾斜になったとしても地面に直接打ち込めるため、影響が少なくまっすぐにランタンを設置できます。

ただ、地面が固いと打ち込みが甘くなったりして吊るしたランタンが落下する可能性があるので、注意が必要です。

個人的には見た目も好きだし、種類も多いのでおすすめのタイプ!

すっきりとした佇まいが良いね!

三脚式

出典:LOGOS

カメラの三脚みたいなランタンスタンドが三脚式タイプ。

メリット
デメリット
  • 設置が簡単
  • 移動も気軽にできる
  • 安定感がある
  • 脚の設置部分が気になる
  • 傾斜の地面だと斜めになる

三脚式の固定方法はさまざまであり、ペグで打ち込んで固定するタイプ、自立するタイプ、ドライポッドタイプなどがあります。

ドライポットタイプは、ランタンだけでなく、ダッチオーブンやケトルなども吊るすことができますので、料理好きな人にはおすすめですね!

あわせて読みたい
【ユニフレーム】ダッチオーブンの8インチにした理由!メンテ&価格のバランスが良い!キャンプ&おうち... こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! キャンプ飯といえば、「ダッチオーブン」ではないでしょうか。焼く、煮る、蒸す、揚げるなど全ての料理工程ができる鍋であり...
あわせて読みたい
【購入検討中】キャンプ用ケトルは必要?おすすめはどれ?【結論】あると便利! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! 最近、周りのキャンパーさんたちをみて、焚き火でお湯を沸かしたいと思うようになってきました。焚き火をやりながら、ケトル...

傾斜になっていると逆に不安定になるので、サイトの地形を事前に確認してから設置すると良いですね。

クランプ式

出典:EIGHTOUTDOOR

地面に設置するタイプではないですが、万力のようにテーブルに固定して使用するクランプタイプもあります。

メリット
デメリット
  • テーブル周りが明るくなる
  • ピンポイントを照らせる
  • 省スペースで場所を取らない
  • 広範囲を照らせない
  • 重い/大きいランタンは吊るせない

クランプ式のため、大きめのランタンを吊るすことはできないですが、小型のランタンやLEDライトを吊るして、テーブル周りを明るく照らしてくれます。

ゴールゼロレッドレンザーなどの小型LEDライトを吊るすのに最適ですね!

LUMENAのM3も良いよ〜!

あわせて読みたい
【レビュー】ハイパワーで使い勝手が良い『LUMENA(ルーメナー) M3』!デザイン性・機能性・拡張性を兼ね... こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! LEDランタンで有名なLUMENAから軽量コンパクトでありながら、ハイパワーの新作LEDライト『M3』がMakuakeに登場しました。 ...

ランタンスタンドの選び方

ここからは、ランタンスタンドの選び方を解説していきます。

自分に合ったランタンスタンドを探すために、ランタンの設置方法や調整をどうするかまで考えておくと、選び方を失敗しにくいので、ぜひ探してみてくださいね。

①スタンドのタイプをどれにするか

先ほど解説したランタンスタンドのメリット・デメリットを把握したうえで、どのタイプにするのかを選びましょう。

個人的にアドバイスするなら、自分がどう使いたいかを考えると良いと思いますね!

ランタンスタンドのタイプを選ぶヒント
  • すっきりした見た目が良い、設置場所を選びたくない! ⇨ 一脚式
  • 簡単に設置ができ、気軽に移動させたい ⇨ 三脚式
  • テーブル周りだけを照らせば良い ⇨クランプ式

迷うなら一脚式が主流なので参考に!

この記事では、種類が豊富で人気のある一脚式をメインで取り扱いますね。

②高さや角度などの調節できるのか

ランタンを設置する高さや角度、向き、アーム長さを調整できるのかもチェックポイントです。

高い位置にランタンを吊るせば、キャンプサイト全体を真上から照らせることができ、影が出来にくく全体的に明るくなります。

あと、目線よりも高くしたり、低くしたりすれば眩しくなくなるよ!

ランタンを吊るす角度や向きも気軽に変えられると便利です。

太陽の沈み込みやサイト内のギアの配置によって、明るく照らしたい箇所が変わってきます。

そんなときに自由自在にランタンのフックが動いたり、高さを調整できると快適ですね。

アーム長さが変えられるタイプだと、使用できるランタンやLEDライトの幅が広がります。

③携帯性(収納時サイズ・収納袋など)があるのか

キャンプは常に積載問題があります……。

収納時のサイズがコンパクトである方がスペースを取らないため、持ち運びしやすさもチェックしましょう。

あわせて読みたい
これで車の積載はスッキリ!ごちゃごちゃ感を解消する収納コンテナ・ボックスを紹介! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! キャンプに出かけるたびにやることといえば、キャンプの荷物を車に積載すること。 毎回同じ荷物であれば、積載パターンが...

一脚式のランスタンスタンドの場合、地面に突き刺せるように先が尖っているものがほとんどです。

そのまま剥き出しに積載してしまうと、他のギアや車を傷つける恐れがあるので、保護キャップや収納袋があるかも購入前に確認しておくと良いですね!

過去に尖っている先端の保護キャップが取れてしまい、移動中に他のギアを傷つけてしまった…。

やっぱり収納袋がある方が安心かもね。

個人的には収納袋はランタンスタンドとセットで購入することをおすすめします!

使われている材料はアイアンやステンレスなどの金属製のため、他のアイテムを傷つけやすいです。

傷つけた後に後悔しても遅いので、収納袋も探しましょう。

④デザインが自分のサイトに合うのか

ランタンスタンドの機能は、ランタンやLEDライトなどの明かりを吊るすためのギアですが、自分のサイト全体の見栄えも大事な要素になります。

ランタンやLEDライトの種類が多く、デザインもさまざまです。

そのデザインに見合うランタンスタンドであるかも選ぶポイントですね!

⑤どんな材質を使っているか

今まではステンレスやスチールアイアンなどのものが多かったのですが、最近はウッドと組み合わせたり、シャフトはアルミにして、軽量化や取り回しやすくしているものも販売されています。

それぞれの特徴をまとめるとこんな感じになります。

材質特徴
スチールアイアン製・デザイン性があり、種類が豊富
・収納サイズが長く、重量が重め
アイアン×ウッド製・ウッドとの組み合わせでナチュラルな雰囲気
・価格が高め
アルミ製・軽量で取り回しが良い
・スチールアイアンやステンレスと比べると強度が劣る
ステンレス製・錆にくく、耐久性がある
・無機質に見える

ここからは素材別におすすめのランタンスタンドをご紹介します。

おすすめランタンスタンド スチールアイアン製 4選

頑丈なスチールアイアン製は、種類が多く、デザイン性のあるものばかりです。

重量が重たいのがデメリットですが、固い地面でも突き刺さるため安心してランタンを吊るすことができます。

BLACKSMITH HMD | ITIA

出典:BlackSmith HMD

シンプルで無駄のないフォルムが堪らないランタンスタンド。

一見キャシャに見えますが、耐荷重は約4kgなので、ペトロマックス HK500にも対応できるほどの強度があります。

アームの長さは2段階で約100mmと約200mmに調整することも可能。

出典:BlackSmith HMD
サイズ約1500mm
材質粉体マットブラック
重量約2.0kg
調整機能高さ:×
向き:×
角度:×
アーム長さ:◯
収納袋無し

こちらはテーブルとセットになっており、飲み物やシェラカップなどの軽いものを置くスペースもあるので実用性が高いです。

出典:BlackSmith HMD

チェアの近くに置きたくなるランタンスタンド!

サンゾクマウンテン | ランタンハンガー Shock

出典:サンゾクマウンテン

特徴的なフォルムがかっこいいランタンスタンド。

高さの異なるランタンハンガー大小2セットで、フックは弓フックと鍵フックのパーツから構成されています。

高さ違いでランタンを吊るしたり、焚き火の近くに置いたりと2種類あると使い方の幅が広がります。

サイズ下記画像を参照
材質鉄材(黒皮仕様・無塗装)
※防錆加工なし
重量約3kg
内容shockポール1×2本、弓フック×1本、鍵フック×1本
調整機能高さ:×
向き:△
角度:×
アーム長さ:×
収納袋無し

私も愛用していますが、shockポールは頑丈なので、固い地面でも安定して固定できるため、重たいランタンを吊るしても安心感があります。

ただし、石またはコンクリートにあたるとshockポールが変形する恐れがあるので、すみやかに場所を変えて打ち込むのようにしましょう。

鍵フックはシェルター内や焚き火、薪ストーブの近くに設置すると良い感じになりますよ!

ちなみに、サンゾクマウンテンのshockにゴムバンドが付属してきますが、毎回まとめるのが大変だったので、AMICAL&Schlafの専用収納袋を購入しました。

収納しやすくて気に入っています!

ブランドにこだわらないけど、このフォルムが好き!という方は、LYIYIのランスタンスタンドが似た商品になります。

しかも、専用収納袋が付属してくるので、持ち運びも楽ちんです。

ANOBA | ステイクハンガー

出典:Amazon

非常にシンプルなデザインをした、斜めに打ち込むランタンハンガー。

まるで木の枝にランタンを吊るしたようで見た目が美しいです。

サイズは70、90、120の3種類があり、好みの高さを選ぶことができます。

サイズ10mm角
長さ:70cm、90cm、120cm
材質スチール 耐熱塗装
重量70cm:約0.6kg
90cm:約0.74kg
120cm:約0.98kg
調整機能高さ:×
向き:×
角度:×
アーム長さ:×
収納袋無し

耐熱塗装のため、焚き火近くに設置してケトルでお湯を沸かしたりすることもできます。

斜めに打ち込んで使うランタンハンガーのため、長さ違いで組み合わせて使えば、違った雰囲気がありますよ!

出典:ANOBA

複数を組み合わせて使いたくなるランタンハンガーだね。

llama(ラマ) | ランタンスタンド ギミック

エレガントな曲線フォルム真鍮(ブラス)パーツの放つヴィンテージ感のあるランタンスタンド。

鍛冶屋の職人による一つ一つ丁寧な手作業で造られています。

こちらのランタンスタンドは「TOP」と「LEG」を組み合わせることで、自分仕様のカスタムできます。

TOPサイズType1:L700
Type2:L600
LEGサイズレッグL:L1200
レッグM:L900
レッグS:L700
材質本体:鉄黒皮材
アクセント部:ブラス or アルミ
重量レッグL:約1.6kg
レッグM:約1.6kg
レッグS:約0.9kg
調整機能高さ:△
向き:×
角度:◯
アーム長さ:×
収納袋無し

ランタンスタンドギミック用の専用収納袋も販売されています。

フランス軍デッドストック、目の詰まった丈夫なリネンで作られており、かなりカッコ良いのでぜひチェックしてみてくださいね。

ランタンスタンドだけでなく、他にもおしゃれで個性的なギアがたくさんあるよ〜!

おすすめランタンスタンド アイアン×ウッド製 2選

アイアン製だと無骨すぎるっと思う人は、ウッドと組み合わせたランタンスタンドがおすすめ!

ウッドがあることで絶妙にバランスが合い、ナチュラルテイストになります。

DUCKNOT | ランタンスタンド SHOT GUN

無骨な黒皮鉄と木製のハンガーを組み合わせたランタンスタンド。

高さは蝶ネジで調整ができ、約87〜150cmの広範囲に設定できます。

出典:Amazon

また、ハンガー部にネジの留め位置で角度を変更できるようになっているため、わざわざランタンハンガーを抜かなくてもある程度の調整ができるので嬉しいポイント。

使用サイズ約87〜150cm
収納サイズ約98cm
材質本体:黒皮鉄
ハンガー:天然木(無垢材)
重量約2.3kg
調整機能高さ:◯
向き:◯
角度:◯
アーム長さ:◯
収納袋無し

別売りになりますが、専用ランタンスタンドを購入すれば三脚式にすることが可能です。

専用の収納ケースはこちら!

CAMP OOPARTS & gravity-equipment | ランタンスタンド「ロイド」ウッド仕様

出典:CAMP OOPARTS

アイアンとウッドを組みわせたランタンスタンドであり、注目はフック部分!

図面には落としきれない細かい部分は、手創りならではのギミックがあります。

しかも、フックは上と下の2つが付いてきますので、複数のものを吊るすことができます。

出典:CAMP OOPARTS
使用サイズ全体高さH1770×W500
(打ち込み後想定高さ約1600mm)
(LOW時1000mm)
収納サイズH820とH950(400mm)に別れます
材質アイアン(粉末塗装仕上げ)
ウッド部:オーク集成材
※鉄部は防錆ではない
重量約2.5kg
調整機能高さ:×
向き:×
角度:◯
アーム長さ:×
収納袋無し

上品さを感じられるオークの素材とデザインが良いですね!

メーカーはLEDランタンを推奨しているため、重たいランタンを吊るせないので注意が必要です。

吊るすランタンはLEDランタンを推奨します

ランタンハンガーウッドもあり、こちらもオーク材を使用。ナチュラルなサイトにピッタリなアイテムです。

おすすめランタンスタンド アルミ製 2選

軽くて、腐食にも強いアルミ製のランタンスタンドも注目。

今まではアイアン製やステンレス製が多かったですが、最近はアルミ製のランタンスタンドが熱いです!

ゼインアーツ | OZ HANGER

出典:ZANEARTS

ゼインアーツらしい、無駄がないシンプルなデザインが美しいランタンスタンド。

アルミ製で軽量なので、取り回しがしやすいです。

また、強度が必要となる打込棒は、スチール製であり、固い地面でも問題なく固定ができます。

しかも、打込棒には20cm、30cmのラインがあるため、地面にどこまで刺さっているか確認することができるので、安心してランタンを吊るせます。

使用サイズφ19×230×1700・2000(h)mm
収納サイズ250×880×35mm
材質フック:ステンレス
ポール・ホルダー:アルミ
打込棒:スチール
重量約1.6kg
耐荷重約3.0kg
調整機能高さ:◯
向き:◯
角度:×
アーム長さ:×
収納袋収納袋付き

シンプルだけど、上品さを感じられる雰囲気が好きだな。

出典:ZANEARTS

シナノワークス | SNIPE STAND

出典:Makuake

まだ発売されていませんが、現在Makuakeに掲載されているランタンスタンド。

その特徴は、高さ調整がワンタッチのレバーロックで無段階に調整ができること。

これ1本さえあればどんな長さにも対応できるのが魅力的だね!

出典:Makuake

さらシャフトはアルミ合金を使用しているため、軽量であり、ポーチのようなサイズ感で持ち運びもしやすいです。

出典:Makuake

こんなにもコンパクトになるので、積載スペースが少ない人に良いね!

使用サイズLantern194:55cm、100〜123cm、143〜194cm
Lantern123:55cm、100〜123cm
収納サイズ約18×56×3cm
材質シャフト:耐食アルミ合金φ16/14mm
ペグ:ステンレス鋼
重量Lantern194:750g
Lantern123:620g
耐荷重1.0〜6.0kg(使用レンジによる)
調整機能高さ:◯
向き:◯
角度:×
アーム長さ:×
収納袋収納袋付き

応援購入できるのが、2022年8月30日まで!気になる人は早めに購入しましょう!

おすすめランタンスタンド ステンレス製 3選

ステンレス製のランタンスタンドは、錆に強く耐久性が高いです。

錆が気になってしまう人はメンテナンスが楽なステンレス製がおすすめ。

スノーピーク | パイルドライバー

出典:Amazon

定番のランタンスタンドといえば、スノーピークのパイルドライバー。

他の一脚式と違い、ハンマーを使用せずにカンカンと地中に叩き込んで固定します。

使用サイズ240cm(最大)
収納サイズ110cm
材質スチール、樹脂
重量約1.7kg
調整機能高さ:◯
向き:◯
角度:×
アーム長さ:×
収納袋先端保護キャップ付き

UJack | ランタンスタンド

出典:Amazon

Amazonで口コミ数が多いのは、UJcakのランタンスタンド。

スノーピークのパイルドライバーと同じ構造で、負荷がかかりやすいナット部分は4点で溶接されています。

そのため、ランタンを吊るしてアームに負荷をかかっても安心感があります。

あと地味ですが、打ち込み目安マーカーが付いているので、「どこまで打ち込めばいいの?」を解決してくれます。

使用サイズ113〜225cm
収納サイズ113×5×5cm
材質ステンレス
重量約1.6kg(シングルタイプ)
約1.7kg(ダブルタイプ)
調整機能高さ:◯
向き:◯
角度:×
アーム長さ:×
収納袋先端保護キャップ、収納袋付き

アームはシングルやダブル、ダブルフリー、フリーの4つのタイプがありますよ。

値段、機能性を踏まえると、UJackはコスパに優れているね!

(参考)MAGNA | パイルドライバー

参考ですが、私が保有しているMAGNAのパイルドライバーは、ナット部分が3点で溶接されていますが、強度に問題はなく、ペトロマックス HK500を吊るしても安定感があります。

なので、先ほどUJackのランタンスタンドは4点溶接で強度があり、コスパも良いので、今ステンレス製を買うならUJackがおすすめですね。

使用サイズ225cm(最大)
収納サイズ113cm
材質ステンレス
重量約1.6kg(シングルタイプ)
約1.8kg(ダブルタイプ)
調整機能高さ:◯
向き:◯
角度:×
アーム長さ:×
収納袋先端保護キャップ、収納袋付き
あわせて読みたい
【MAGNAパイルドライバー】スノーピークじゃなくても大丈夫!コスパの良いランタンスタンド こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! キャンプをする上で自分たちで用意する灯りはとても重要です。街灯の無いキャンプ場も多いでしょう。 そこで灯りが強く、サ...

ランタンスタンドにもこだわっておしゃれなサイトに

ランタンスタンドはいかがでしたでしょうか。

実用性が高く、種類豊富な一脚式を素材別で、おすすめをご紹介してきました。

今やランタンスタンドのサイトのコーディネートに欠かせないアイテムになっています。

ランタンやLEDライトを吊るす以外にも虫除けや他のものを吊るすなどの役割があり、アイデア次第でいろんな使い方ができます。

ぜひこの機会にお気に入りのランタンスタンドを購入してみてはいかがでしょうか。

他のアイテムのまとめ記事もどうぞ!

無風のキャンプはキツい…。そんなときに大活躍するのが扇風機!

あわせて読みたい
キャンプで使えるおしゃれな扇風機!やっぱりおすすめはこの4選! こんにちは、梅雨入りでキャンプに行けない日々が続いているbambi夫婦(@bambi_camp11)です! 梅雨が明けたら本格的な夏がきます! いきなりですが、夏のキャンプといえ...

タープポールに迷ったらこちらの記事をチェック!

あわせて読みたい
キャンプのタープポールは太さ25mm、 長さ280cmがバランス良し! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! タープに使うポールはどんなのものを使っていますか? 使うポールが適切でないと、ポールが折れ曲がったり、タープが崩れ...

一年中使えるシェルター。随時更新しています。

あわせて読みたい
【随時更新】2022年もキャンプ界のシェルターが熱い!? 私が気になったシェルターをまとめてみた! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 2019年後半からずっと思ってたことですが、各メーカーから発売されているテントはシェルタータイプのものが多くなっていま...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ