キャンプ道具

【ノルディスク ウトガルドのテントレビュー】メリット&デメリット

こんにちは!

bambi夫婦です◡̈♥︎◡̈

 

キャンプを始めるにあたって無くてはならないのがテントですよね!

たくさんの種類のテントの中から私たちは「ノルディスクのウトガルドを選びました!

20泊以上使ってみて思った、ウトガルドの特徴と注意点をご紹介したいと思います。

ウトガルド本体とフロアシートはセットで売っているお店もありますが、別々で購入した方が安いですよ!

 

\ 本体はこちら /

\ フロアシートはこちら /

私たちは持っていませんが、最近はインナーテントとカーリ20のみを組み合わせて使っている人もいますね!

全面メッシュなので夏は気持ち良さそうですよね♩

もちろん、そのままインナーテントとしても使えます!

\ インナーテントはこちら /

ノルディスク ウトガルド 基本情報

コンセプトは「テントが家みたいになる

四角いスタイルがグランピングに最適。

・収容人数 4~6人
・素材テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
・サイズ430cm×295cm×240cm
・重量23 kg
・耐水性350mm、床100%防水
・ポール(スチール製)×9本・ペグ(スチール製)×24本

ノルディスクは北欧ブランドのメーカーですが、現在は欧州大陸を越え、日本や韓国などで大人気になっています。

ノルディスクはエキストリーム・パフォーマンスとレジャー・ユース両方に対し、アウトドア用品をデザインし、製造販売しているブランドです。ノルディスクの美学は、スカンジナビア・デザインの伝統に根ざしており、すべてのテント、寝袋、マット、バッグはシンプルで機能的であり、最先端機能素材で作られています。「限界への挑戦にチャレンジ」を掲げて商品開発を行っており、世界最軽量2人用テント「Telemark2 ULW」、グランピングに最適なオーガニック・ティピーテント「Alfheim12.6」など、数々の賞を受賞してきました。ノルディスクは100年以上の歴史と1000年以上のノルディック遺産を兼ね備えたブランドです

出典:Nordisk Japan

ノルディスク ウトガルド 特徴

ノルディスク ウトガルド

私たちもそうでしたが、ウトガルドを展示で見たことがなく購入する時は不安でした

なるべくその特徴が伝わるように紹介していきます。

① 見た目のわりには設営がカンタン

ウトガルドはワンポールテントであり、仕組みさえ理解できれば簡単に設営することができます

ペグ打ちは多いですが、ややこしい組み立てはなく、慣れてしまえば単純です。2人で設営して、所要時間は20分くらいです

ファミリーであれば、ポールの準備をしたり、ロープを解いたり、ペグを打ったりして分担できるのでもっと効率良く設営できると思います。

流れをざっくり説明しますと…

①グランドシートと本体をチャックで合体

 ↓

②四隅のポール+ペグ打ち

 ↓

③両サイドの入り口ポール+ペグ打ち

 ↓

④中心ポールを立てる

 ↓

⑤残りのペグ打ち

やることはこのくらいです!

設営方法の詳細やコツは別記事にまとめていますので、気になる方は読んでみてください。

【実はカンタン!?】ノルディスク ウトガルドの設営方法 キャンプをはじめる上で、まず最初に苦労することはテントの設営ではないでしょうか。 特にノルディスクのウトガルドは設営方法の...

② 居住空間が広いので圧迫感がない

ワンポールテントだと隅の部分の天井が低く狭くなりがちですが、四隅の立ち上がりポールがあることで全体に高さが出て隅のスペースも狭く感じません

隅でローチェアに座って過ごすこともできます。

中央付近は160~175cmあるので普通にに立つことができ、ストレスなく快適に過ごせます。(変な写真ですみません)

さらに丸ではなく四角い形の部屋になるのでレイアウトもしやすいです。

ラグも普通の四角いものを使えるため、レパートリーは豊富です。

③ とても暖かいので冬キャンプに最適

コットン素材のテントなので、比較的暖かいです。

寒いシーズンはタープ無しでテント内で過ごしています

冬のおこもりキャンプにはもってこいです。

ファミリー向けのテントを夫婦2人で使っているので

半分リビング、半分寝室としてストーブを置けば完璧。

④ メッシュが多いので通気性も良い

ウトガルドはLegacyシリーズの中で最も通気性の高いテントです。

Legacyシリーズとは…アスガルドアルフェイムなどのポリコットン素材でできたテントのこと。

 

暖かいということは夏は暑いのかな?と思いきやメッシュの部分も多いため通気性は意外と良いです。

出入り口 2面

出入り口の横 4面

サイドの下側 2面(ミニサイズ)

計8面あります。

全部メッシュにして開け放てば、風が通って涼しいです。

無風だとちょっと暑くてキツイですが…

⑤ とにかく見た目が可愛い

なにより見た目が可愛い

ホワイトベージュの色味とノルディスクのしろくまさんのロゴ。

普通のワンポールテントとはちょっと違った形もおすすめ

ノルディスクの中でもウトガルドはあまり使ってる人を見かけないですね。

人と被らないのもいいところ!

⑥ カーリ20と連結ができる

ノルディスクから「カーリ20」というタープが発売されており、写真のように連結することが可能です。

雨が降っても出入り口と連結できているため、濡れることなく出入りができます

初めてのタープ、カーリ20をお迎え!選んだ理由とは!?こんにちは! bambi夫婦です◡̈♥︎◡̈ 秋冬キャンプではウトガルドのテント内で過ごすことが多く、...

ノルディスク ウトガルド 注意点

とても良いテントなんですが、注意しなければならないことがあります。

① 重いので持ち運びが大変

出典:Nordisk

 

とにかく重いです。本体とフロアーシートを合わせると約31kgあります。

持ち運びが大変です

あと地味に重いのが、『スチール製付属ペグ』なんと24本あります!

私たちは付属ペグを使わずに、鍛造ペグを使用していますので家に置いてあります。これだけでも軽くなった気がします。

 

② しっかり乾燥させないとカビが発生する

コットン生地なので濡れたまま保管したらすぐに『カビ』が発生します

撤収前に濡れていたら乾燥したタオルで水分を拭き取った方が良いです。これをやるだけでも乾くスピードが全然違う!

もし雨で濡れてしまったら家で頑張って乾燥させておきましょう。

③ ペグ打ちが多い

ペグを打つ本数は、全部で24箇所!!

テント本体:14箇所

フロアシート:10箇所

テントは14箇所は必須ですが、フロアシートは6箇所打ってます。フロアシートのペグは短いのがおすすめです

 

旦那は「ペグを打つのが好きだし、家を建てるみたいで楽しい」と言ってるので

あまり悪い点と思っていないらしいですが…笑

④ 本体とフロアシートのジップが閉まりにくい

本体とフロアシートをジップで連結させるのですが、閉まりにくい

縫い目の部分や角の部分が閉まりにくく、勢いをつけて力強く閉めないといけません。

私たちはその都度外して撤収していましたが、なかには本体とフロアシートを連結させたまま撤収している方もいらっしゃるようで、目から鱗でした!

時短になっていいですね!今度試してみたいと思います。

⑤ 価格が高い

北欧ブランドというのもあって値段が高いです。

あとテント本体のみだけなく、別売りのフロアシートも購入しないといけないのでさらに追加料金が発生します。

フロアシートはなくても良いですが、お座敷スタイルができなくなるので必須アイテムだと思います。

まとめ

ウトガルドの特徴と注意点でした。

もちろんデメリットもありますが、私たちが求めるテントの要素がたくさん詰まっているのでお気に入りのテントです。

雨で濡れてしまったら、心配でたまりません。それぐらい愛着が湧きます。

ファミリー向けのテントなので「2人で大きすぎない?」と思っていましたが、実際に使ってみると贅沢に使うことができてめっちゃ快適です

たまのグルキャンの時は、みんなでわいわい楽しめますね!

ノルディスク ウトガルドの購入検討中の方、興味のある方の参考になれば嬉しいです。

 

ウトガルド本体とフロアーシートはセットで売っているお店もありますが、別々で購入した方が安いですよ!

 

\ 本体はこちら /

\ フロアシートはこちら /

私たちは持っていませんが、最近はインナーテントとカーリ20のみを組み合わせて使っている人もいますね!

全面メッシュなので夏は気持ち良さそうですよね♩

もちろん、そのままインナーテントとしても使えます!

\ インナーテントはこちら /


最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事がイイね!っと思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ