良いところ取り!一体化したTOKYO CRAFTSのヒートリフレクターで焚き火を堪能しよう

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

これから寒くなってくる季節がやってきますね。焚き火がより楽しみになります!

ということで今回は、焚き火をより楽しく、快適にしてくれるアイテムをご紹介したいと思います。

それがTOKYO CRAFTSのヒートリフレクターです。

すでに布製や金属製の焚き火リフレクターを使っている人は、お気づきかもしれませんが、このアイテムは「布製」と「金属製」リフレターを一体化させた商品なんです。

つまり、それぞれの良い点を上手く掛け合わせた焚き火リフレクターになります。

メリット
デメリット
  • 風防と反射効果を一つのアイテムに集約している
  • シンプルな陣幕で焚き火周りもスッキリ!
  • 反射板を装着したまま収納できるので設営・撤収時間が短い
  • 反射板の面積が小さいので輻射熱効果も小さい?
  • サイドからの風には弱い

布製リフレクターのインテリア性と組み立てた時の安定性、さらに金属製リフレクターの反射による暖房効果で効率良く温まります!

ブラックな布帆で見た目も良いよ!

設営・撤収も早かったね!

今まで布製と金属製リフレクターを二刀流で使っていた方は、一体化したヒートリフレクターでギアのスリム化ができますよ。

実際に使用してみて感じたメリットやデメリットをお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

こちらの商品は、2022年10月14日から一般販売開始します!

TOKYO CRAFTS様から商品をお借りしています。実際のキャンプで使ってみて感じたことを率直にレビューしております。

もくじ

トウキョウクラフト ヒートリフレクターのスペック

商品名はヒートリフレクターですが、陣幕のように風よけ、仕切りや目隠しとしても使えるアイテムです。

まずは、ヒートリフレクターのスペックを簡単に説明しますね。

基本情報

出典:TOKYO CRAFTS
展開サイズW160×H150cm
収納サイズW43×D12×H8cm
重量1.2kg
材質本体:綿
ポール:アルミニウム
ペグ:アルミ合金
ステンレスパネル:ステンレス
収納ケース:ナイロン
原産国中国
付属品本体、メインポール、サブポール、自在付きロープ、
ペグ×4、ステンレスパネル×4、収納ケース(大)、収納ケース(小)、取扱説明書
価格¥7,980(税込)

収納ケースは、トウキョウクラフトのマクライトと同じくらいの横幅です。

あわせて読みたい
【レビュー】TOKYO CRAFTSの焚き火台”マクライト”は機能性と価格のバランスが良い◎ キャンプに行ったら焚き火をしないと気がすまない、、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! キャンプの楽しみといえば、焚き火!最近はいろんな焚き火台があって、どんなもの...

付属品はこちらがすべてになります。

アルミペグも付いてきますよ。

ブラックの帆布で日中や夜にも合う

ブラックの帆布を採用しており、日中はサイトでも存在感があります。

夜になるとフィールドに馴染みんでくれるヒートリフレクターになり、焚き火を満喫できますね。

反射板で焚き火の炎を反射する

布製のリフレクターですが、正面に反射板を4枚セットできるポケットが付いています。

反射板をセットすることで、寒い冬でも暖かい暖房効果を得ることができます。

トウキョウクラフト ヒートリフレクターのメリット

実際に使用してみて感じた魅力について説明しますね。

風防と反射効果を一つのアイテムに集約している

このアイテムは、「布製」と「金属製」の良いところどりのリフレクターなので、一つのアイテム「風防」「輻射熱」の効果を発揮してくれます。

布製はインテリア性があり、ペグダウンして設営するため、耐風性があります。

また、金属製は設営・撤収に手間を取らず、金属の輻射熱を利用して炎の温かさをUPします。

布製のメリット
金属製のメリット
  • インテリア性がある
  • ペグダウンのため耐風性がある
  • 炎の熱を反射して効率良く温まる
  • 設営・撤収が容易

布製と金属製のメリットをそれぞれ上手く掛け合わせているので、「2 in 1」に集約されていますね。

荷物が減って良い!

一般的な布製リフレクターよりは、金属板をセットしているため、輻射熱効果もあって暖房効果を発揮します。

もちろん良いことばかりではないので、デメリットは後ほど説明しますね。

シンプルな陣幕で焚き火周りもスッキリ!

トウキョウクラフトのヒートリフレクターは、他の商品と比べると風防(布)の面積が小さいため、焚き火台が覆われている感じはしません。

その分、見た目はスッキリとした陣幕になっているため、風防や輻射熱効果を得ながら圧迫感のない焚き火が楽しめます。

どちらかと言うと、開放的な焚き火が好きな人におすすめしたいですね!

金属リフレクターのデメリットとして、風に煽られやすく倒れてしまうことがあります……。

対策としては、ペグダウンしたり、布製リフレクターと併用することで倒れにくくなります。

だけど、見た目がスッキリしないのが気になってたんだよね…。

そうね。ヒートリフレクターなら一体化だからスッキリしていいね!

しかも、ヒートリフレクターの反射板は本体(布)にセットできるので、倒れる心配もありません。

反射板を装着したまま収納できるので設営・撤収時間が短い

布製の陣幕と金属製のリフレクターの2つを使用する場合、それぞれを設営・撤収しないといけないので、時間がかかると思います。

一方でヒートリフレクターは、反射板をセットしたまま撤収することができますので、設営や撤収の時間を短縮できます。

しかも、収納ケースは窮屈感はなく、ちょうど良いサイズ感のため、パーツ全てがスムーズに入ります。

収納時に気を遣わなくても楽に収納ケースに入るから楽だよ!

確かに!撤収時間も早かったね!

トウキョウクラフト ヒートリフレクターのデメリット

続いては、ヒートリフレクターの注意点についてもみていきましょう。

反射板の面積が小さいので輻射熱効果も小さい?

ヒートリフレクターの反射板は他の金属製の商品と比べると面積が小さいです。

当然の話になりますが、、高さのある、囲む面積が広い金属リフレクターと比較してしまうと、輻射熱の効果は小さいと思います。

なので、効率良く温まりたい!という人にはおすすめしにくいですが、布製リフレクターのみを使用している人は、反射板があるのないとで暖房効果が違ってきます!

暖房効果(イメージ)

暖房効果大 金属製リフレクター < ヒートリフレクター < 布製リフレクター 暖房効果小

レビューした時期が9月上旬だったので、焚き火の炎だけでも温かく、暖房効果を実感しづらかったですね……。

確かにそうだね。もっと寒い時期に使ってみたいね!

でも体感としては、一般的な布製リフレクターよりは熱が反射するかな。

サーモグラフィーカメラで撮影して、どれだけ違うのかを検証してみたいですね!

サイドからの風には弱い

ヒートリフレクターは正面から来る風に対しては、しっかりブロックしてくれますが、サイドからの風に弱い傾向があります。

焚き火台を囲う部分は、他の高さや範囲が広いリフレクターと比べてしまうと物足りなさを感じてしまう人もいると思います。

正面だけでなく、サイドの耐風性を重視する人は、他のリフレクターを選ぶようにしましょう。

一体化したヒートリフレクターで焚き火を堪能しよう!

TOKYO CRAFTSのヒートリフレクターはいかがでしたでしょうか?

布製と金属製リフレクターの良いところ取りで、インテリア性もあり、効率良く焚き火の熱を反射してくれます。

ヒートリフレクターに囲まれている感じは少ないですが、その分圧迫感を感じにくいのが良いところでもありますよ。

メリット
デメリット
  • 風防と反射効果を一つのアイテムに集約している
  • シンプルな陣幕で焚き火周りもスッキリ!
  • 反射板を装着したまま収納できるので設営・撤収時間が短い
  • 反射板の面積が小さいので輻射熱効果も小さい?
  • サイドからの風には弱い

今まで焚き火リフレクターを併用していた人は、この機会に一体化したヒートリフレクターを使ってみてはいかがでしょうか?

こちらの商品は、2022年10月14日から一般販売開始します!

焚き火関連の記事もどうぞ!

いろんな焚き火台をこの記事にまとめました!悩んでいる人は購入前にぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【徹底調査】定番から最新までのおすすめの焚き火台18選!きっとあなた好みの焚火台が見つかります こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 焚き火台はキャンプで欠かせない道具の一つです。 各アウトドアメーカーからいろんな焚き火台が販売されていますが、最近...

焚火台のお手入れはやっていますか?たまには汚れをとってスッキリさせましょう。

あわせて読みたい
【お手入れ】1年間使用した焚き火台の汚れ・ススをとってみた! コロナ自粛で家にいる時間が長くなったので、キャンプに行けない間に道具のお手入れをしよう!と思い立ちました。 今回は焚火台をきれいにしていきます。 汚れて当たり...

この薪割り台、かなり気にっています!持ち運びしやすくて最高ですよ。

あわせて読みたい
【レビュー】もう丸太の薪割り台には戻れません!薪割り台の悩みは「薪割り匠人」で全て解決します こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! キャンプに行くとき、薪割り台を持参していますか? 私は丸太の薪割り台を使っていますが、ずっと困っていたことがあって...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ