キャンプで使える多機能クッカー「ネモロック」登場!軽量コンパクトで圧力調理もできる

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

フライパンや鍋、ダッチオーブンなどさまざまな調理器具がありますが、キャンプでどんなものを使っていますか?

私もそうですが、料理によって、調理器具を使い分けている方が多いのではないでしょうか?

キャンプ前にどんな料理をするのか決まっている方であれば、必要な調理器具のみを事前に用意することができますが、料理はキャンプ当日に決めることが多い私は、ほぼ全てのクッカーを持っていきます。

そこで困るのがクッカーがかさばること…。

bambi嫁
コンパクトにしたいよね…

今回はいろんな調理機能を一つの鍋に集約された、キャンプで使える多機能な鍋『ネモロック鍋』をご紹介します。

「ネモ」とは韓国語で「四角」という意味で、その名通り四角い鍋になっています。

実際に使ってみたら、いろんな調理ができ、セラミックコーティングによって焦げ付きも少なく、洗うのもカンタンでした。さらに持ち手でフタをロックする機構があり、ダッチオーブンのように圧力調理もできます。

ダッチオーブンのようにフタの上での調理はできませんので、ご注意ください。

ネモロック鍋の魅力
  • 7つの機能をもつ鍋
  • セラミックコーティングによりくっつきにくい
  • 軽量コンパクトで圧力調理ができる
これ一つあればOK!

ネモロック鍋はキャンプだけでなく、IHにも対応しているため、オール電化のおうちでも問題なく使用できます。

一つの調理器具でいろんな料理をしたい、気軽に圧力調理をしたい方におすすめのクッカーですので、ぜひ最後まで読んでいただけたらうれしいです。

Makuakeのプロジェクトに掲載されており、今なら安くゲットできますので、ぜひチェックしてみてください。

\ アタラシイものを発見 /

Makuakeで見る

それでは、さっそくみていきましょう!

メーカー様からから商品をご提供いただいております。プロモーション記事ではありませんので、実際のキャンプで使ってみて感じたことを率直にレビューしております。

もくじ

他のクッカーとの違い

まず最初にネモロック鍋とキャンプ用クッカーとの違いについて説明します。

ズバリ、その違いは「圧力」「密閉保管」の機能が追加されていること。

当然ですが、クッカーであれば焼く、炒める、煮るなどの基本的な機能は同じです。しかし、キャンプで圧力調理をしたいとなったら、ダッチオーブンを使うしかありません。

ダッチオーブンは重く使用後のメンテが手間に感じる方が多いのではないでしょうか。

一方で、ネモロック鍋ならダッチオーブンよりも軽く、クッカーよりも多機能なのでバランスが取れた調理器具です。

軽量コンパクトでありながら、多機能なクッカーですので、キャンプで大活躍すること間違いなしですね!

ネモロック鍋について

それでは、ネモロック鍋の基本情報について解説しますね。

基本情報

商品名 ネモロック鍋
サイズ Sサイズ:21×21×9.5cm
Lサイズ:24×24×11cm
容量 Sサイズ:2.8L
Lサイズ:4.8L
重量 Sサイズ:1400g
Lサイズ:1600g
材質 本体、蓋:アルミニウム(セラミックコーティング)
持ち手:熱硬化樹脂
パッキン:シリコン
付属品 本体、専用網、シリコンパッキン

サイズはSとLサイズの2種類があります。今回レビューするのはSサイズとなります。

Sサイズキャンプで使われるクッカーと同じくらいですね。

付属品にネモロック鍋専用の網も付いてきます。(シリコンパッキンの写真を撮り忘れました…)

フタの周りにはゴムパッキンが付いていますので、密閉性も高いです。

ネモロック鍋はIHクッキングヒーターにも対応していますので、キャンプ以外にもおうちでも使うことができますよ。

7つの機能

基本的な「焼く」「炒める」「煮る」などの機能はもちろんですが、ネモロック鍋は「圧力をかける」「保管する」といった機能も備わっています。

7つの機能

[jin_icon_number1circle color=#6495ed]圧力をかける
[jin_icon_number2circle color=#6495ed]蒸す
[jin_icon_number3circle color=#6495ed]炒める
[jin_icon_number4circle color=#6495ed]焼く
[jin_icon_number5circle color=#6495ed]揚げる
[jin_icon_number6circle color=#6495ed]煮る
[jin_icon_number7circle color=#6495ed]保管する

圧力をかけれるように、両サイドの持ち手はフタをロックできるようになっています。

それだけでなく、フタをロックすることで、タッパーのように保存容器としても使用できます。料理をタッパーに移す必要もないので楽ちんです。

作りすぎてしまった料理は、ネモロック鍋を冷蔵庫に入れて保管してOK!

食べるときはそのまま再加熱できるのも便利ですね。

bambi嫁
洗い物も減ってうれしい!

ハンドルも付いていますので、持ち運びも簡単です。さらに折りたためるようになっているため、収納性も良いです。

Makuakeで見る

四角い鍋のメリット

ほとんどの鍋は丸い形をしていますが、ネモロック鍋は四角い形をしています。

四角い鍋のメリットはこちらです。

四角い鍋のメリット

[jin_icon_number1circle color=#6495ed]ロック機能を使用する際に圧力がかかる
[jin_icon_number1circle color=#6495ed]長い食材を入れやすい
[jin_icon_number1circle color=#6495ed]汁物を注ぎやすい

四角形にすることで、ロック機能を使用する際に圧力をかけることができるとのこと。さらに、ソーセージやサツマイモなどの長い食材を入れやすくなったり、四隅で汁物や湯切りがしやすいですね。

ネモロック鍋の特徴と魅力

実際にネモロック鍋を使用してみましたので、率直なレビューをしたいと思います。

一つの鍋でいろんな料理ができる

ネモロック鍋さえあれば、キャンプでいろんな料理ができるので、フライパンや鍋を別々で持っていく必要はありません。ネモロック鍋一つで十分です。

焼く

ソーセージやお肉などを焼くことができます。

どんなお肉でも「ほりにし」を振りかければ旨くなりますね!

浅いクッカーや鉄板だと油はねがひどいですが、ネモロック鍋の場合は深さがあるので、油が周りに飛び散りにくく、テーブルやガスバーナーに汚れはほとんどありませんでした。

調理後の片付けや飛び散った油を拭き取らなくても良いのがうれしいポイントです。

蒸す

ネモロック専用の網が付いてきますので、蒸し料理もできます。

薄切り豚ロース肉に水菜を巻いて、ネモロック鍋で作ってみました。

良い感じに蒸されていますね。

煮る

鍋料理ももちろんできます。

Sサイズであれば、2〜3人分を作れます。

また、チキンのトマト煮込みやクリームシチュー、カレーなども作れそうですね。

炒める

炒める料理もできます。

多少火力が強くてもネモロック鍋にくっつきにくいので調理しやすい。

圧力をかける

出典:Makuake(活動レポート)

まだ実際に圧力調理をしたことはないのですが、Makuakeの活動レポートで「スペアリブの煮込み」や「豚の角煮」を作られています。

箸で裂けるぐらいの柔らかさでおいしそうでしたね。

ダッチオーブンのようにフタの上での調理はできませんので、ご注意ください。

ちなみに、ネモロック鍋で圧力調理をするコツはこちらです。

[jin_icon_number1circle color=#6495ed]網が浸る程度の水を入れる
[jin_icon_number2circle color=#6495ed]水が沸騰するまでは強火で加熱する
[jin_icon_number3circle color=#6495ed]水が沸騰したら弱火にしてロックする

今度、圧力調理にチャレンジしてみたいと思います。

フタをロックすると空気の流れが遮断されて圧力が生じます。ある程度、圧力が上がるとシリコンが開いて、一部の圧力を逃すような構造をしているため、安全性もあります。

Makuakeで見る

セラミックコーティングでくっつきにくい

実際に使ってみて、特に素晴らしいと思ったのが「セラミックコーティング」です。

ソーセージやお肉を焼くことが多いのですが、ほとんどのクッカーや鉄板を使うと、ソーセージがこびり付いてしまいます…。

bambi旦那
洗うときが大変だよね…

ネモロック鍋でソーセージを焼いてみたら、全然焦げ付きもなくくっつかなかったですね!焦げ付きがないせいか、いつもよりおいしく感じました。笑

このあとの洗うときもスムーズでした。お手入れも簡単なのでうれしいですね。

ネモロック鍋に調理器具を収納できる

四角い形で深さもあるので、ナイフやお玉、フライパン返しなどの調理道具もネモロック鍋の中に収納することができます。

私はあまり調理器具を持っていませんが、スペースに余裕があり、まだ収納できそうです。あと写真は撮っていないですが、メスティンも余裕で入りました。

ロック機能とハンドルで持ち運びもしやすいです。

Makuakeで見る

そのまま冷蔵庫に保管できる

密閉保管機能も備わっているため、料理をタッパーなどの保管容器に移す必要はありません。

フタでロックして、そのまま冷蔵庫に入れるだけでOKです。

ネモロック鍋の注意点

続いては、ネモロック鍋の注意点です。

ロック解除する際は熱い部分に当たる

ネモロック鍋を加熱しても持ち手(ロック部)は熱くなりませんが、ロックを解除しようとすると、持ち手が少しきつめなので、本体の熱い部分に接触してしまう可能性があります。

なので、素手ではなく、必ずグローブをつけて外すようにしてください。

bambi嫁
やけどに注意してね!

ちなみに、持ち手部分は樹脂製なので素手で持っても熱くなりませんのでご安心ください。

まだ新品に近い状態なので、ひょっとしたら使っていくうちにスムーズにロック解除できるようになるかもしれません。

見た目は普通です…

四角いデザインなので、見た目は普通ですね。

丸い形の方がおしゃれですが、食材に圧力をしっかりかけるために必要な形ですので仕方ない…。

デザイン性よりも機能性を重視する方におすすめです。

Makuakeで見る

一つのクッカーでいろんな調理ができる!

ネモロック鍋はいかがでしたでしょうか。

実際に使ってみたら、一つのクッカーでいろんな調理ができましたね。

今までの圧力調理はダッチオーブンでしかできなかったのですが、ネモロック鍋なら軽量でコンパクトでありながら、気軽に圧力調理もできます。

bambi旦那
『軽量コンパクト』はキャンパーの好きな言葉!

あとセラミックコーティングで焦げ付きにくく、洗うときもラクに汚れを落とせました。お湯が使えるキャンプ場も少ないので、洗いやすいと便利です。

さらにIH対応により、キャンプだけでなく、おうちでも使うことができます。

メリット
デメリット
  • 一つのクッカーでいろんな調理方法を楽しめる
  • 軽量コンパクトで圧力調理が可能
  • そのまま密閉保管ができる
  • ロック解除にやけど注意
  • デザイン性が劣る

今ならMakuakeで安く購入できますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

  • 一つのクッカーでいろんな調理を楽しめる
  • 軽量コンパクトで圧力調理が可能
  • そのまま密閉保管ができる
早割・30名限定の15%OFFでおトクに買えるチャンス!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

他の寒さ対策はこちら!

bambi夫婦の寒さ対策をまとめた記事です。寒さ対策は『総合力』が大事!

あわせて読みたい
【秋冬キャンプ】2021-2022年の寒さ対策!総合力で勝負!電源なしサイトでも快適に過ごせます。 こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! 暑いシーズンのキャンプも終わり、これから寒いシーズンが到来。私は嫌な虫がいなくなり、澄んだ空気で綺麗な星空が見える、...

bambi旦那のおすすめは石油ストーブ。これでテント内が快適になります。

あわせて読みたい
【比較】キャンプに最適な石油ストーブはコンパクトなものがおすすめ! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! 冬キャンプに必須な石油ストーブ。寒い冬を快適に過ごせるアイテムとして重要ですね。 各メーカーからいろんな種類が石油ス...

bambi嫁のおすすめは電熱ベスト!最近の一押しアイテムです。

あわせて読みたい
電熱ベストは冬キャンプの寒さ対策に効果的!寒がり屋さん必見です こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 寒い時期のキャンプは、虫がいなく、空気も澄んで、星空がキレイに見えて最高ですよね。一方で、「寒さ」が敵になってきま...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ
もくじ
閉じる