【レビュー】おしゃれで軽量コンパクト!ベルクロート 焚火台en.(エン)

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

キャンプに欠かせないことといえば、”焚火“。

スノーピークの焚火台Mを3年以上使っていますが、頑丈すぎて全く壊れる気配がなく、使い続けています。

ただ、重量は重く、持ち運びにくいのが難点です。

特に積載のときが大変だよね…。

「もう少し気軽に持っていける焚火台もほしい」と思い、いろんな焚火台を調べたところ、おしゃれで画期的な焚火台を見つけましたのでご紹介します。

それがBELKROOTベルクロートの焚火台en.エンです。

使っていて気分が上がるよ!

しかも、持ち運びも楽ちん!

メリット
デメリット
  • 超軽量コンパクト
  • クロックシステムで自由自在
  • 薪を割らずにそのまま投入できる
  • 直火に近い感覚で焚き火を楽しめる
  • 五徳に重たいものを乗せるときは慎重に!
  • 価格は高め

今回の記事では、実際に焚火台en.の特徴や魅力、注意点について率直にレビューします。

また、記事の後半では、他の焚火台と比較していますので、軽量コンパクトな焚火台やおしゃれな焚火台を探している人に参考にしてもらえるとうれしいです。

さっそくみていきましょう!

もくじ

BELKROOT(ベルクロート)ってどんなブランド?

出典:BELKROOT

キャンプを始めたときも現在も、たくさんのギアに囲まれてることの幸せ、最高のギアをシンプルに持ちたいという思いがあります。

ベルクロートは、今回ご紹介する焚火台をはじめ、テーブルやライトのシェードなど『アウトドアを楽しむ方々に喜んで頂きたく、今までにない、こんなギアがあったらいいな』というコンセプトの商品を販売するブランドです。

私たち夫婦もギアが大好きなのですごく共感!

最高のギアに囲まれてるキャンプって良いよね!

ちなみに、現在Makuakeでは高さ調整ができる、超軽量ソロテーブル”TRICK”の応援購入ができますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ