キャンプ道具

【ゼインアーツ】GIGI-2(ギギ2)はカンガルースタイルで流行!?

私たちが愛用しているロガ4のメーカー「ゼインアーツ」。

デザイン・機能性・コスパの全てが揃い、今最も注目されているメーカーであり、2019年には予約販売の時点で売り切れてしまうほどでした

そんなゼインアーツから新作テントが発表されていますね!

2020年6月に発売予定なのですが、これがまた魅力的でそそられます…♡
【追記】残念ながらコロナ影響により、2020年7月に発売延期になりました。

今回はそんな新しいテントの情報をまとめます♩

【ゼインアーツ】ROGA-4(ロガ4)のレビュー!2人キャンプにぴったり!ゼインアーツ ロガ4で実際にキャンプしてみること15泊以上!率直な感想をふまえて、特徴をまとめました。軽量でコンパクトな2ルームテント!テント内は広く、2人などの少人数でキャンプをする方にぴったりです!...

GIGI-2(ギギ2)

出典:ゼインアーツ

ギギ1の基本デザインをそのままに、ツーポール仕様に仕上げたラージサイズシェルター

多彩なパネルアレンジと広い空間設計が可能です。

ちなみに、ギギ1はコット2台が余裕で入り、2人用に適しています。
寝ると過ごす」をミニマルスタイルで過ごしたい方に向いています。

基本情報

出典:ゼインアーツ

【本体素材】75Dシリコーンポリエステルリップストップ・遮光PU加工

【耐水圧】1,500mm

【付属品】本体/メインポール×2(φ30mm・全長220cm)/エクステンションポール×2(φ14.5mm・全長100cm)/Yペグ×6(ジュラルミン・25cm)/Vペグ×16(ジュラルミン・17cm)/4m2又ロープ×2/3mロープ×8/キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1

特徴① 4人で寛げる広い空間

出典:ゼインアーツ

4人分の寝室とリビングが確保できるほどの広い空間で、パネルをクローズしても広々と過ごせるほどの大きさ。

ギギ1はソロやデュオキャンプに最適でしたが、こちらはファミリーでも使えるほどの大空間ですね。

夫婦キャンプで広々と過ごすのにもいいですね♩

出典:ゼインアーツ

ギギならではのエクステンションポールにより、ワンポールテントのデメリットである空間の狭さを解消した構造となっているため、両サイドにインナーテントを設置したり、コットを4人分置いても過ごせそう!

特徴② タープの代わりにもなる大型シェルター

出典:ゼインアーツ

ドアパネルを大きく跳ね上げればタープのような役割もしてくれます。風通しも良さそうなので夏場の暑い時期にも快適に過ごせそうです!

テントとタープを別々で購入するよりもコスパが良いので、初めてのテント購入にも最適ですね!

長野県にある内山牧場キャンプ場で絶景をみながらシェルターの中で過ごしたいな〜!

【内山牧場キャンプ場】予約なし!大パノラマの絶景2019年のお盆連休に行ってきた内山牧場キャンプ場。 標高1,200mの高原キャンプ場は涼しく夏キャンプに最適なのですが、9〜10...

特徴③ 新たにインナーテントも登場

出典:ゼインアーツ

ギギ1にも2にも使えるインナーテントが新たに発売となります。

2人がゆったりと寝られるほどの大きさです。

出典:SWEN

コットだと人数分を購入しなければいけませんが、インナーテント一つあれば2〜3人寝れますね!

ちなみに、私たちは「ROGA-4」のインナーテントを使用していますが、メッシュ部分がかなり細かく、小さな虫の侵入も防いでくれます。同じメーカーのインナーテントなのでおそらく同じような作りになっていると思います。これなら安心して寝ることができますね。

特徴④ カンガルースタイルで流行る!?

個人的にはスノーピークの「ランドステーション(ランステ)」やMSRの「パビリオン」のような大型シェルターに憧れを持っています。

カンガルースタイル」という「テント in シェルター」をやってみたい気持ちがありましたが、どちらのシェルターも高いし、MSRの「パビリオン」は2008年以降で廃盤になっているため今は手に入らないです。(2016年に再販売されたそうですが、即完売でした)

インスタで有名な「@steppy88camp」さんのこのスタイルが好きですね。統一感がありスッキリとまとめられています

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔥Nao(@steppy88camp)がシェアした投稿

そこで注目となるのが「GIGI-2」!

ランステやパビリオンのように設営スタイルの自由度が高く、しかも圧倒的に価格が良心的であること!

去年のゼクーに引き続き、2020年はギギ2がヒット商品になるのではないでしょうか?

新商品展示会が各地で開催されていました。残念ながらコロナ影響により、埼玉での展示会は中止となってしまいましたが、6月発売までには見に行ってみたいですね!
【追記】残念ながらコロナ影響により、2020年7月に発売延期になりました。

ゼインアーツ公式サイト

特徴⑤ スカートがないので、寒い時期は不向き

唯一気になるのは「スカートがない」こと。

寒い時期も使用するには冷気の侵入を防げないので、不向きかもしれません。

同じ大型シェルターでスカートがあるのは、サバティカルの「スカイパイロットTC」です。アウトドア雑誌で多く取り上げられ、人気が高まっており、入手しにくい状態が続いていますね。

出典:サバティカル

スカイパイロットTCはスカート付き、ポリコットン素材であるため寒い時期でも使えます。しかも、大型コットンシェルターで10万円を切るのでかなり魅力的です!

「@y_kobayashi_photograph」さん、おしゃれですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

チバコバ(@y_kobayashi_photography)がシェアした投稿

ZEKU-M (ゼクーM)

出典:ゼインアーツ

ゼクーMは今でも人気を誇るテント!発売当初は店頭に行っても売切れ、次ロットまで購入できない状態でしたが、楽天市場・Amazonで買えるようになりました。

ちなみにセカンドロットは仕様変更があります。メンテナンス効率の観点からバックル仕様に変更したり、リビングシートのゆがみ低減のため、スタンディングバーを追加したりと使い勝手を向上しています。

出典:ゼインアーツ

発売後でもユーザーの不満を改良してくれるメーカーなので好印象ですね!

「たまに一眼レフで撮る関西オートキャンプ場」さんのサイト記事で詳しくレビューされていますので良かったら読んでみてください。

インナーテントが新発売

大人気で売り切れ続出となったゼクーMにも新たにインナーテントが発売されます!

ギギのインナーテントは2人がゆったりと寝られる程度の大きさで、インナーテント以外にリビング空間も確保できるものでしたが、ゼクーMのインナーテントは4人がゆったりと寝られるほどで、少しの土間スペースを残してほぼ全体を占める大きさになっています。

出典:SWEN

ゼインアーツを取り扱っているショップリストはこちら↓

公式サイトのショップリストはこちら

まとめ

ゼインアーツの2020年新商品はどれも魅力的であり、去年に続いて即完売になりそうな予感がします。

特に「GIGI-2」には大注目です。今までの大型シェルターの中でも、価格が良心的であり、デザイン性も気に入りました。今まで憧れていたカンガルースタイルを実現できるのではないかと期待しています。

2020年6月7月発売予定なので、購入したい方はZANEARTS公式サイトをチェックしてみてください!

今まで買えなかったゼクーMは在庫あるそうです。

2020年の新商品発売といえば、ヘリノックスも気になる商品が発売されています。良かったら読んでみてください。

【Helinox/ヘリノックス】2020年の新アイテム!注目は快適性が向上した新コット!2020年4月にヘリノックスから新アイテムが発売されました。私の好きなブランドの一つであり、チェアやミニテーブルを愛用しています。今回は保温性と快適性がアップグレードしたコットや、チェア用のオプショングッズなど、個人的に気になるアイテムをご紹介したいと思います。...

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事がイイね!っと思ったらポチッと応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ