TOKYO CRAFTS 箸のギミックに注目!本格的なカトラリーセットでお家にも使える

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

いきなりですが、キャンプで使い捨ての箸やスプーン、フォークなどを使っていませんか?

使い捨てタイプは食後に洗う必要がなくて楽ちんですが、マイカトラリーを使って食べると気分が違います!

食卓がおしゃれにもなるしね!

そうそう。愛着も湧くよね。

各アウトドアブランドからさまざまなカトラリーが販売されていますが、TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)から革新的な箸が登場しましたので、使い勝手をレビューしたいと思います。

箸だけではなく、本格的なカトラリーセットも注目で、キャンプでも家でも使いたくなるほどの使いやすさと上品なデザインをしています。

TOKYO CRAFTS 職器シリーズの魅力
  • 箸は一体型にまとめる収納が革新的
    滑り止めや転がり防止などのキャンプでより使いやすい!
  • カトラリーセットは、キャンプだけでなく、家でも使える本格的な仕様に!
高級感のある感じ!

TOKYO CRAFTSのキッチン用品(シェラカップやミニトングなど)も愛用していますので、その使い勝手もレビューしたいと思います。

それでは、さっそくみていきましょう!

もくじ

TOKYO CRAFTSのキッチン用品が熱い!

TOKYO CRAFTSといえば、マクライトやKUBERUの焚火台のキャンプブランドのイメージが強いかもしれませんが、シェラカップやミニトング、アウトドアスパイスなどのキッチン用品を多く販売しています。

実は2022年4月に行われたGOOUT CAMP vol.17で、TOKYO CRATFSの展示会にお邪魔した際に、カトラリーや箸の新商品を展示してありました。

実際に箸を見て触ってみたら、収納状態からすると一見箸に見えない姿で、組み立てるのも収納するのも面白いギミックで感動しましたね!

要注目の商品ですよ!

ちなみに、ブラックや真鍮、チタンなどのさまざまなシェラカップを販売していますが、今回は24金メッキのシェラカップが新作として発表されていました。

出典:TOKYO CRAFTS

高級感があっておしゃれだね!

このダメージ加工もいい感じ。

我が家はシェラカップをたくさん使うので、何個もあってもいいくらいですね。

ということで、次々と新しい革新的なギアを作り出す、TOKYO CRAFTSのキッチン系アイテムは要注目ですのでみていきましょう!

TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト) キッチン系アイテムのレビュー!

それでは、実際にキャンプで使ってみて感じたことを率直にレビューしていきます。

箸(職器シリーズ)

サイズ(展開時)全長約23cm
サイズ(収納時)全長約14cm
重量約23g
素材アルミ合金
内容箸、ケース
価格¥4,950(税込)

燕三条の職人技術で作られた高品質な箸。

コンパクトに収納されていますが、箸は一般的な長さなので、ご家庭にあるものと変わらない使用感です。

メリット
デメリット
  • 収納方法がかっこいい、コンパクト!
  • 八角形で転がりにくい
  • 先端が細い&滑り止め加工で掴みやすい
  • 持ち手が滑りにくい
  • 持ち手が若干太くて持ちにくい

初めて使ってみた感想は、「このギミックがたまらん!」でしたね。

箸としても機能はもちろんのことですが、やはり収納した姿が一見、箸に見えないのが良いです。

シェラカップと同じくらいのサイズ感。こんなにも小さくなるよ!

また、箸の先端は細く、滑り止め加工がされているので麺を掴みやすいですね。

正しく箸を持てない自分が悪いですが、唯一気になったのは、持ち手が少し太めであること。

持ち手が太くて少し持ちにくいかも…。

でも、私は持ちやすかったよ!

箸の持ち方次第ですが、正しく箸を持てる人なら特に問題はないですね!

カトラリーセット(職器シリーズ)

サイズ(展開時)フォーク:全長約21cm
ナイフ:全長約23cm
スプーン:全長約20.5cm
重量フォーク:約48g
ナイフ:約57g
スプーン:約52g
素材刃先:ステンレス、持ち手:アルミ合金
内容フォーク、ナイフ、スプーン、ケース
価格¥4,950(税込)

このカトラリーセットは、ご家庭で使われるカトラリーと変わらない使用感で、ストレスなく料理を堪能できます。

刃先の素材はステンレス製であり、ナイフのギザギザ部分が鋭利&長いため、お肉が切れやすい

アウトドア用カトラリーといえば、コンパクトに折りたためる、フォークとスプーンが一体化されているものなど、携帯性も考慮し、できるだけ軽量を狙ったカトラリーが多い印象です。

その反面、フォークの先端が折れたり、ナイフの切れ味が悪かったりと、料理を少し食べづらいときがあります。

一方で、TOKYO CRAFTSのカトラリーは、キャンプでも本格的なものを使いたい人におすすめですね。

我が家は肉料理が多いから食べやすい。

ちなみに、ケースは柔らかいので折りたたむことができます。

折りたたんだ状態で使用し続けると、ケースが変形してしまうかもしれませんので、ご注意ください。

シェラカップ(ステンレス・ブラック・真鍮)

ステンレスのシェラカップはもちろんですが、ブラック真鍮もあります。

サイズ外径φ120×高さ45mm
容量約320ml
素材ステンレス鋼板(SUS304)
価格ステンレス:¥1,280(税込)
ブラック:¥3,190(税込)
真鍮:¥3,800(税込)

似たようなシェラカップに飽きてしまった方におすすめしたいシェラカップです。

雰囲気も変わるのでお気に入り!

軽量にこだわりたいならチタンもありますよ。

重さは約51gなので、軽量で持ち運びしやすいですね!

シェラカップ深型(ステンレス・ブラック)

サイズ外径φ120×高さ58mm
容量約480ml
素材ステンレス鋼板(SUS304)
価格ステンレス:¥1,890(税込)
ブラック:¥3,800(税込)

通常のシェラカップが小さいと感じる人は、深型タイプもあります。

地味ですが、分かりやすい目盛りが付いているのがうれしいポイント!

100〜300mlの100ml毎の目盛りとお米0.5〜1.5合を測るのに90ml毎の目盛りで、調味料の量ご飯を炊くに便利です。

さっきのシェラカップにも目盛りはあるよ!

いいね!これでおいしいご飯を安定して作れる。

深型シェラカップはブラックもあります。

ミニトング

小さくてかわいいミニトング

反発力が高いので、実用性も良いですね!

サイズ12×121mm
素材ステンレス(SUS821L1)
カラーシルバー、ブラック
価格シルバー:¥550(税込)
ブラック:¥880(税込)

氷やカットしたお肉、漬物、薬味などを掴むのにちょうどいいサイズ

ミニトングが1個あるだけで、いろんな使い方ができるので便利ですよ!

ブラックミニトングもいいね〜。

高級感のあるシェラカップならコレ!

シェラカップはこれだけではありません。

新作は「黒酸化発色加工+24金メッキ」を施しており、今までのシェラカップと一味違います。

24金メッキシェラカップ

出典:TOKYO CRAFTS
サイズ外径φ120×高さ45mm
容量約320ml
素材ステンレス鋼板(SUS304)
価格¥8,800(税込)

こちらの特徴としては…

24金メッキシェラカップの特徴
  • 金が持つ高い抗菌作用
  • ダメージ加工による風合い

金メッキは抗菌に有効であり、耐食性もありますので、より衛生的に使用できます。

また、黒酸化発色加工とダメージ加工により、アンティークの表面のように使い込まれた雰囲気を醸し出します。

これはかっこいいね!

24金メッキシェラカップ深型

出典:TOKYO CRAFTS
サイズ外径φ120×高さ58mm
容量約480ml
素材ステンレス鋼板(SUS304)
価格¥9,900(税込)

もちろん、深型タイプもあります。

水やお米の計量メモリはついていないので気をつけてくださいね。

ちなみに、24金メッキシェラカップは、直火にかけることで変色やメッキが剥がれてしまい、匂いを発生してしまう可能性があります。

直火にかけないで、器や計量カップとして使うといいね!

他にも無骨な食器のシェラプレートもありますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

アウトドアでもお家でも使えるTOKYO CRAFTSの職器シリーズ!

TOKYO CRAFTSの箸、カトラリーセットはいかがでしたでしょうか。

革新的なギミックをもった箸本格的なカトラリーセットで、他のアウトドアブランドにない特徴や魅力がありましたね!

また、シェラカップやミニトングなどのテーブルウェアも充実していますので、ぜひチェックしてみてください。

テーブルウェアの関連記事もどうぞ!

トランギア製品もシンプルで良いですよね!

あわせて読みたい
愛され続けるトランギア!他にも機能的で低価格な商品もあるけど、やっぱりおすすめしたい道具ばかり 最近メスティン料理にハマりはじめたbambi夫婦(@bambi_camp11)です。 キャンプを始めてからすぐに買った道具の一つがトランギアのメスティン。 無骨でシンプルなデザイ...

ユニフレームのダッチオーブンならメンテも楽ちん!

あわせて読みたい
【ユニフレーム】ダッチオーブンの8インチにした理由!メンテ&価格のバランスが良い!キャンプ&おうち... こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! キャンプ飯といえば、「ダッチオーブン」ではないでしょうか。焼く、煮る、蒸す、揚げるなど全ての料理工程ができる鍋であり...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ