キャンプ道具

【SOTO(ソト) ST-310】みんなの人気者バーナー

キャンプにおいて料理をする上で必要となるのが焚き火台、コンロもしくはバーナーです。

焚き火台ではダッチオーブンを使って料理することもできますね!

スノーピークの焚き火台の記事はこちらにまとめています♩

【スノーピーク 焚き火台】シンプルで無駄がない美しいフォルムスノーピークの焚き火台Mサイズのレビューです。寒い中温まったり、料理をしたり、キャンプには欠かせない焚き火。近年では、直火が禁止となるキャンプ場も少なくないです。そこで必須になる焚き火台。スノーピークの焚き火台はシンプルで無駄のない、美しいフォルムを持った焚き火台です。...

焚き火台とは別で、私たちはコンパクトに収納可能な、SOTO ST-310のバーナーを使用しています。

今回はそちらのレビューをまとめていきたいと思います♩

SOTO(ソト) ST-310 基本情報

出典:楽天市場

【大きさ】
幅166×奥行142×高さ110mm

【重量】
0.35kg

【材質】
バーナー・器具栓つまみ : ステンレス
ボンベホルダー・点火スイッチ : 樹脂

【備考】
・外気温が低下しても安定した火力を実現
・火力が落ちにくいマイクロレギュレーター搭載
・発熱量 : 2.9kW(2500kcal/h)(ST-760使用時)
・使用時間 : 約1.5時間(ST-760使用時)
・カセットガス式
・専用ケース付

出典:楽天市場

ちなみに私たちが使用しているのはブラックです。

現在楽天での販売はなく、アマゾンのみ発見しました♩

↓↓↓

SOTO(ソト) ST-310 特徴

実際に使用してみて、魅力的な特徴をまとめました。

五徳が大きいので安定感がある

4本脚の支えが広くあるため、安定感があります。

直結タイプのシングルバーナーでありながらも、五徳サイズは内径47mm、外径130mmで直径19cmまでの鍋やフライパンが使用できます。

火力がある

CB缶は外気温の低下により火力低下を起こしやすいのが弱点ですが、マイクロレギュレーターを搭載することにより、外気温が低下しても火力が落ちにくくなっています。

気温が下がるこれからの秋・冬キャンプでもストレスなく使用することができます!

コンパクトに収納可能

外形寸法は幅:166、奥行:142、高さ:110mmですが、収納時には幅:140、奥行:70、高さ:110のサイズまで小さくすることが可能です。

専用の収納袋もついています♩

ソロのキャンパーさんにもおすすめですね!

つまみが大きいため、火力調整しやすい

三角に飛び出たつまみを回して火力調整します。

つまみは大きめなので、簡単に調整可能です。

そのまま火力を弱める方向に回し続けると消火します。

CB缶はコスパが良く購入しやすい

キャンプ用品でよく見かけるOD缶は比較的高価で、アウトドアショップなどへ行かなければなかなか売っていません。それに比べてCB缶は安価で、スーパーやホームセンターなどですぐに購入できます。

そのためコスパが良く、気兼ねなく使用できます。

また、災害時にもCB缶の方が手に入りやすく、活躍してくれるでしょう。

SOTO(ソト) ST-310 注意点

次に実際に使用してみて感じた注意点をまとめます。

点火スイッチが押しにくい

点火スイッチは根元にある小さなボタンです。手が火元に近くなるので、点火した瞬間は少し熱く感じます。

また、一度使用して本体が熱い状態で再度点火する際、本体に触れてしまうと火傷するので注意が必要です。

不安な方は、スイッチを押しやすくする「点火アシストレバー」なんてものもあります♩

CB缶が丸見え

コンパクトさの代わりに、CB缶が丸見えのデザインなので、そのままではデザイン性はイマイチです。

なので私たちはカバーを別で購入して装着しています♩

探してみると色々なデザインがあるので、好みの物を使用して、周りと差をつけるのもいいですね!

まとめ

SOTOのST-310は軽量・コンパクトでどこでも使用可能です。

また、CB缶の弱点である寒さにも対応しているため、ほとんどストレスなく使用できます。

一家に一台あると便利なバーナーです♩

 

★シルバーはこちら↓↓

★ブラックはこちら↓↓

これからの秋・冬キャンプに最適なノルディスクのテントはこちら♩

【ノルディスク ウトガルドのテントレビュー】メリット&デメリットこんにちは! bambi夫婦です◡̈♥︎◡̈ キャンプを始めるにあたって無くてはならないのがテントですよね! た...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事がイイね!っと思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ