キャンプ道具

【随時更新】ぐっすり眠れるおすすめ枕8選!キャンプの寝心地はピローで決まる!

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です!

今回はキャンプ用品の中で、地味に重要なアイテム「枕(ピロー)」についてです。

できるだけ荷物を減らすために、枕を衣類やタオルで代用して疎かにしていませんか?
あるいはキャンプで快眠できなくて、目覚めが悪いことはありませんか?

快眠できない理由はさまざまです。屋外のため温度や湿度、風の音などの環境面もありますが、マット、寝袋(シュラフ)、枕(ピロー)などの道具が自分に合っていないのも原因の一つかもしれません。

私自身、マットや寝袋で寝心地がほぼ決まると思っていましたが、キャンプをやっていくうちに枕も重要であると気付きましたので、キャンプ用枕をご紹介します。

キャンプに枕(ピロー)は必要なのか?

そもそもキャンプに枕は必要でしょうか?

「キャンプは不便を楽しむものだ」「なるべく軽量化したいから持っていかない」「タオルや衣類でなんとかなる」という考えで、枕はいらないと思う方もいると思います。

私の結論から言いますと、「キャンプでぐっすり眠れていないのであれば枕は必要」です。ただし、どの枕でも良いということではなく、「自分に合った枕が必要」だということ!

私の体験談ですが、今までのキャンプで快眠できていないと翌日にこんな支障が出ることがありました。

快眠できないと…
  • 起きた時に首や肩周りが凝っている
  • 目覚めの悪い朝を迎える
  • 朝食後の片付けやテント、タープなどの撤収がだるくなる
  • キャンプ場から自宅までの帰り道が眠くなる

キャンプは非日常を味わえて楽しいのですが、帰る当日の朝は撤収作業や自宅までの車・バイク運転など、やらないといけないことがたくさんあり、意外と体力を使っていると実感しました。せっかくキャンプでリフレッシュしたいのに、ぐったり疲れていたら本末転倒だと思います。

こんな体験談もあって、キャンプでの睡眠は非常に重要であると気付きました。

自分に合った(=快眠できる)枕選びは、実は難しいことです。
商品自体の値段はそこまで高くないですが、自分に合っていない枕をたくさん持っていても仕方ないですよね?

今回は枕の種類とその特徴をまとめています。
自分に合う枕選びの参考になってもらえるとうれしいです。

枕(ピロー)の種類

枕の種類と特徴、メリット&デメリットを一覧にまとめました。
大きく分けると以下の4種類になります。

枕(ピロー)の種類快適性は家で使っている枕に近いほど寝心地が良い、携帯性はコンパクトであるほど持ち運びやすいという意味で評価しています。

インフレータブルタイプ

出典:Amazon

バルブ(開口部)を開けると、自動で空気が入り膨らむタイプの枕です。

手間もかからないのもメリットですが、中にスポンジ(ウレタンフォーム)が入っており、柔らかい寝心地で快適性が良いです。

出典:ソフトプレン工業

スポンジの種類によって、収納時にかさばるのもあるので注意が必要です。

エアー注入タイプ

出典:Amazon

手動で空気を入れて膨らませるタイプの枕です。

空気量を調整することで柔らかさ、高さを自分の好みに合わせることができます。空気を抜けば、小さくコンパクトに収納することができるので持ち運びが便利です。

スポンジが入っていないため、柔らかさは劣ります。穴が開くと膨らませることができないため、小石や枝などの尖ったものがないか注意が必要です。

スポンジタイプ

出典:Amazon

中はスポンジが入っているタイプの枕です。

普段、家で使っている枕に一番近い寝心地であり、柔らかくて気持ちいい。
快適性を求めるならスポンジタイプがおすすめです。

スポンジであるため、コンパクトに折りたためず、収納しにくい
持ち運びのため荷物を少なくしたい方には不向きです。

スタッフサックタイプ

出典:サーマレスト

タオルや衣類を袋に詰めてクッションにするタイプの枕です。

スポンジやエアーの代わりに、持っているタオルや衣類を使うことで、より荷物を減らせることができます。しかも袋のみなので、超軽量で持ち運びがラクです。

中に入れるものがないと使用できないので注意が必要。寝心地は持っている衣類によって、クッション性が変わるのでむらがあります。

インフレータブルタイプの枕(ピロー)8選

タイプ別から寝心地とコンパクト性のバランスが取れている「インフレータブルタイプ」に絞って、おすすめの枕(ピロー)をご紹介していきます。

コンプレッシブルピロー | サーマレスト

出典:楽天市場

サイズ S:30×41×10cm
M:36×46×10cm
L:41×58×10cm
重量 S:198g
M:255g
L:340g
カラー 14種類
材質 起毛ポリエステル

角切りのウレタンスポンジが中に詰め込まれているので寝心地が良いです。

サイズ、カラーともにバリエーションが多く、自分に合ったサイズと好みのカラーがきっと見つかります

出典:Amazon

丸めると収納時は1/3程度になります。
ナルゲン1.0Lのサイズが高さ21cm×幅9cmなので、ちょっと大きいくらい。

Amazon「寝袋・シュラフ用ピロー」カテゴリーでベストセラー1位になっています。
どれが良いのか悩む方はこれを買えば間違いですね!

ノンスリップピロー | イスカ

出典:Amazon

サイズ 30×40×5cm
収納サイズ φ8×28cm
重量 190g
カラー オリーブ
材質(表・裏) 75D TPUポリエステル ダイヤモンドドリップ素材

真ん中に凹みがあり、頭が安定しやすい形状になっています。
さらに空気量で好みの高さに調整が可能です。

収納時はナルゲン1.0Lよりちょっと小さいくらいです。

出典:Amazon

コスパが良いなので、家族分の枕を一気に買えますね

自動インフレーターピロー | ネイチャーハイク

出典:Amazon

サイズ (膨張前)39×25×1.5cm
(膨張後)27×46×9.5cm
収納サイズ φ10.5×25cm
重量 250g
カラー オレンジ、ピーコックブルー、フルーツグリーン
材質(表・裏) TPUコーティング、ポリエステルポンジー、スポンジ

ネイチャーハイクのピロー。バルブを開けてから70秒程で自動的に膨らんでくれます。

中身は四角いスポンジが詰まったタイプになり、寝心地がいいと口コミが多いです。
こんなにスポンジが入っているのに、収納サイズがコンパクトにできているのが凄い。

出典:Amazon

 

Amazon「寝袋・シュラフ用ピロー」カテゴリーで上位ランクインしています。口コミ数も多く高評価を得ています。値段も良心的で寝心地も全然問題ないという意見が多い印象でした。

セルフインフレート | ロゴス

出典:Amazon

サイズ 40×30×7~12cm
収納サイズ φ8×30cm
重量 235g
カラー アップルグリーン(リバーシブル:ブラウン)
材質 ポリエステル、ポリウレタンフォーム

ロゴスのセルフインフレートの特徴は「リバーシブル」であること!
キャンプにぴったりなカラーのグリーンとブラウンで気分に合わせて色を変えることができます。

収納サイズはφ8×30cmと他のピローとあまり変わらないくらい。

出典:Amazon

インフレーティングピロー(ブラック) | キャプテンスタッグ

出典:Amazon

サイズ 50×30×13cm
収納サイズ φ10×30cm
重量 270g
カラー ブラック
材質 表地:ポリエステル(PVC加工)
内材:ポリウレタンフォーム
バルブ:ABS樹脂

ピローの生地には強度と防水性を確保するためにPCV加工が施されている。
さらに肌触りの良いフロッキー加工で、寝心地UPさせています。

収納サイズは紹介しているの中では若干で大きめだが、持ち運びには気にならないレベルです。

出典:Amazon

個人的にはブラックのシックな感じが気に入ってます
CS BALCK LABEL」シリーズなので、『カッコイイ』『大人』のライフスタイルを演出してくれます。

ソトネノマクラ | DOD

出典:Amazon

サイズ 47×30×7.5cm
収納サイズ φ12×32cm
重量 420g
カラー タン
材質 表面/裏面:ポリエステル
中材:ポリウレタンフォーム
カバー:ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)

カバー付きでいつでも清潔に使うことができるタイプ。
首にフィットしやすいようにウェーブ形状と肌触りの良いポリコットン生地を採用しているため、寝心地が良いです。

出典:Amazon

収納サイズは大きめですが、その分枕のサイズが大型なので、頭がはみ出しにくく、寝返りが多い人に向いてます

出典:Amazon

簡易補修用パッチが付属しているため、万が一穴が空いてしまった場合に対応することができます。

インフレータブルピロー | ogawa(オガワ)

出典:Amazon

サイズ 50×32
収納サイズ φ12×18cm
重量 300g
カラー ブラック
材質 生地:ポリエステルオックス150dPUコート
クッション:ポリウレタンフォーム

大きさは他の枕とほとんど大差はありません。

しかし、キャプテンスタッグの「BLACK LAVEL」と同じくブラックでシックな感じです。あと肌触りに違いがあります。ogawaはポリエステルのため、ツルツルしたような感触、一方でキャプテンスタッグはフロッキー加工でフサフサしたような感触です。

人によって好みが分かれるところですね!

出典:小川キャンパル

収納サイズは今回ご紹介した中では最もコンパクトなので持ち運びしやすいです。

キャンプ枕 | Mozambique(モザンビーク)

出典:Amazon

サイズ 44×34×14
収納サイズ 15×34×14cm
重量 480g
カラー ブルー、グレー
材質 ウレタンフォーム

ウレタンの自然な反発とスウェード生地で寝心地が良い枕。インフレータブルタイプではないので、エアーが自動で入るまで待つ必要がありません。収納袋から取り出せばすぐに使うことができます。

スポンジタイプの枕なので、収納サイズがもう少し大きくなると想像していましたが、今までご紹介した中で大きめの位置付けで止まります。DODのソトネノマクラよりちょっと大きいくらい。

出典:Amazon

Amazonレビューで高評価を得ており、家の枕の近い寝心地でキャンプを楽しむことができます。

まとめ:自分に合った枕選びが重要!

寝心地を良くするために、各メーカーが生地、スポンジの種類や形状などにこだわった枕を作っていることが分かりました。しかも、携帯性を損なうことなく、コンパクトな収納サイズをキープしているのがすごいと思いました。

普段の睡眠だけでなく、キャンプでの睡眠の質もこだわりたいですね!
他にも寝袋(シュラフ)やマットも快適な睡眠をサポートするアイテムなのでチェックしましょう!

【モンベル】バロウバッグ#2(化繊タイプ)の寝袋の魅力とは?冬キャンも考えている私たちは、オールシーズン使えるものを検討しました。いろいろ調べて検討した結果、トータルバランス的に辿り着いたものが「mont-bell(モンベル)の寝袋 バロウバッグ#2」 極度の寒がり冷え性の私が実際使ってみて、気になる使い心地をご紹介します。同じバロウバッグの#3を使っています。この#2と3では大きく違いがでてくるので、そのあたりも含めて解説していきます。...
【インフレーターマット】ハイランダーのマットは寝心地もコスパも最高!こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! テントで寝る際の必需品として「マット」があげられます。 キャンプ...

ぐっすり寝ることができる、自分に合った枕を探してみてはいかがでしょうか?

この記事がイイね!っと思ったらポチッと応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
こちらの記事もどうぞ!