キャンプ道具

【KEEN】完全防水仕様シューズ「ターギーⅡ」で雨のキャンプもストレスなく楽しめる【PR】

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です!

キャンプで使うテントや道具にこだわりを持っている方は多いですが、足元のシューズはどうでしょうか?

キャンプでは雨の日はもちろん、夜露よつゆしもで足元が濡れていることってけっこう多いので、「防水」のシューズがあると心強いですよね!

そこで、KEENの防水ハイキングシューズでロングセラー商品である”ターギーⅡ”をご紹介したいと思います。

機能性だけでなく、見た目もおしゃれなので素敵なシューズです。

キャンプで実感したこと

雨の日のキャンプに最適なシューズ
自然に溶け込むレザーがおしゃれ
足首のフィット感がありつつ、幅が広くて疲れにくい

それではさっそくみていきましょう!

基本情報 | ターギーⅡ

出典:KEEN

商品名TARGHEE Ⅱ(ターギーⅡ)
カラーMagnet/Coral
Black Olive/Mineral Blue
サイズ22.5〜26.0cm(0.5cm刻み)
重量357.2g

ターギーⅡはアウトドアから街まで対応し、多目的&多機能デイハイク&ウォーキングシューズ

履けるシーンがさまざまであり、まさにオールラウンドのシューズです。

重さは357.2gとハイキングシューズの中でも軽量クラス。ゴツい感じはあまりなく、丸みを帯びたデザインが良いですね。

この一足だけで、ハイキング、ロングウォーク、レインシューズ、デイリーユースとして使用できるため、人気のハイブリッドハイキングシューズになります。

あと細かいところですが、ヒールタブが付いているため、履きやすい構造になっています。川遊びや雨で濡れてしまったら、タブを利用して吊るすこともできますね!

サイズの選び方ですが、普段履いている靴サイズよりもやや大きめを選ぶといいです。

ターギーⅡの着用感はきつめのため、0.5cm大きめのサイズがおすすめ!

防水透湿素材で蒸れにくい技術を採用

ターギーⅡは完全防水仕様となっています。

さらに、KEEN独自の技術である「KEEN.DRY」を採用したモデルのため、防水でありながら靴内の湿気を外に排出してくれます。

トレッキングなど悪天候の中、長時間履き続けないといけないシーンでは、かなり重要な機能ですね!

KEENの技術

KEEN.DRY
水は靴内を通さないが、湿気は外へ逃がす

優れたインソールで歩き疲れにくい

インソールは「LUFTCELL PU フットベッド」に変更となり、優れたクッション性と快適な履き心地で1日中履いても、歩き疲れしにくい仕様となっています。

空気を注入することで、足への負担を低減しサポートしてくれます。厚みもあって、クッション性も良いですね。

インソールの凄いポイント

硬度の異なる2種類の材質を組み合わせたフットベッド
足裏に合わせた形状で優れた屈曲性、クッション性、サポート性を実現

足首のサポート性をアップ

足首へのサポート性を高めるために「立体成型ヒールロック」を採用しています。

ターギーⅡを見ると、かかとを安定させるための形状となっており、身体のバランスを修正しながら歩行時の安定度を高める効果があります。

サポート性アップ

立体成型型ヒールロック
歩行時のズレを修正し、歩き疲れにくいする

キャンプでの使用感

実際にキャンプで使用してみましたので、使い勝手を書いていきますね。

長時間履いても蒸れにくい

ターギーⅡはKEEN独自の技術である「KEEN.DRY」により、高い透湿性を持っています。

つまり、靴内は蒸れにくいので、快適な状態が長続きします。

実際に一日履いてみて、普通のスニーカーに比べるとやや蒸れる感じは確かにありますが、さほど気にならない程度でした!

むしろ寒い季節には暖かく感じるので、やはりキャンプには最適です。

自然に溶け込むレザーがおしゃれ

シューズのアッパーにシリコン液を浸透させ、しなやかで丈夫な防水ヌバックレザーを採用。自然に溶け込んだ色のレザーであり、洗練されたセンスを感じます。

機能性の高さとは裏腹に、そこまでゴツく見えず適度にコンパクトなデザインがお気に入り。

足元を濡らさない完全防水シューズ

雨が降ったら、ターギーⅡの出番です。

キャンプ場のサイトによっては、水はけが悪く水溜りができることもしばしば。

また、雨の日でなくても夜露や霜で濡れた草で、靴や靴下が濡れてしまうことはありませんか?

私はそれがけっこうストレスなので、キャンプの時はやはり『防水』のシューズを好んで履くことが多いです。

ターギーⅡのつま先は全方位をしっかりとガードし、水の侵入をブロック

完全防水仕様なので、足元が濡れる心配なく、キャンプを楽しむことができます!

グリップ力が高く滑りにくい

靴底をみると、全方向に対応したラグパターンをしています。

砂利の多いキャンプ場や濡れた芝生、ぬかるんだ土などの足元が滑りやすい箇所でも、しっかりグリップし、滑りにくいです。

テントやタープ設営・撤収時に足が滑りにくくなるので作業がしやすいですね^^

靴幅が広めで疲れにくい

足首のホールド感はありつつも、幅は広めにあるので全体の窮屈きゅうくつ感がなく、ゆったりと履けます。

私は足全体に大きめで、華奢きゃしゃな靴では幅が狭く、すぐに足が疲れてしまいます。

こちらはワンサイズ大きめにしても、そこまで“デカイ靴”感を感じることなく、ゆったりと履けるのが何より最高…

寒い季節の厚めの靴下も履けるくらいに快適です!

KEENの防水ハイキングシューズのモデル

ターギーシリーズの防水ハイキングシューズは他のモデルもありますので、キャンプで履けそうなモデルをいくつかご紹介したいと思います。

ターギーⅡ ミッド

キャンプよりも登山で使いたい方は、サポート力と歩行性のバランスに優れるミッドカットがおすすめ。

商品名ターギーⅡ ミッド
カラーGoat/Crown Blue
Raven/Opaline
サイズ22.0〜28.0cm(0.5cm刻み)

ターギーⅢ

出典:KEEN

ターギーⅡをアップデートした、最新モデル「ターギーⅢ」も発売されています。

商品名ターギーⅢ
カラーWEISS/BOYSENBERRY
Magnet/Atlantic Blue
サイズ22.5〜26.5cm(0.5cm刻み)

ターギーⅢ ミッド

ターギーⅢのミッドタイプです。ターギーⅡよりも引き締まったデザイン。

商品名ターギーⅢ ミッド
カラーWEISS/BOYSENBERRY
Magnet/Atlantic Blue
サイズ22.5〜26.5cm(0.5cm刻み)

まとめ

KEENのターギーⅡはいかがでしたでしょうか?

KEENはガチ登山のものからタウンユースのものまでラインナップが豊富で、機能性もデザインも素敵なものばかりです!

キャンプで実感したこと

雨の日のキャンプに最適なシューズ
自然に溶け込むレザーがおしゃれ
足首のフィット感がありつつ、幅が広くて疲れにくい

今回ご紹介したのレディース用でしたが、ターギーシリーズはメンズもあります!機能性、耐久性は同じで、カラーだけが違います。

詳細はKEEN公式サイトをチェックしてみてください。

KEEN公式サイト

公式サイトを見ると、セール中のシューズもあっておトクに買えるかもしれません^^

関連記事もどうぞ!

CHROME(クローム)とPanaracer(パナレーサー)がコラボしたスニーカーもおすすめ!スリッポンタイプでキャンプに最適!

【CHROME×Panaracer】キャンプにも最適!"グリップ力"と"耐摩耗性"を兼ね備えたスニーカーが登場【PR】こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! 2021年8月18日に新生CHROME FOOTWEARとして世界に先...

NANGA 2021年の秋冬ウェアも発売中です。

NANGA-2021 Autumn/Winter-ダウンアイテム予約スタート!アイキャッチ画像出典:NANGA こんにちは!bambi夫婦です♪ 真夏の猛暑日が続いていますが、すでにアパレル業界は秋冬物...

キャンプでハンモックは最高!毎回持っていきたくなりますね^^

【Makuake】カリブ海×ヨーロッパのハイブリッド"マサヤハンモック"でキャンプを満喫【PR】こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! キャンプでハンモックを使ったことはありますか? 初めてキャンプで...
こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA