キャンプ道具

【ZEN Camps】デッドスペースをフル活用!ST-310用遮熱板兼テーブルでスッキリ!【PR】

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です!

CB缶タイプのシングルバーナー上のスペース無駄にしていませんか?

そのデッドスペースをあるギアを使うことで、フル活用ができ、テーブル上をスッキリ&広く使えるようになります。

それがZEN Camps ゼン キャンプスさんの「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」です。

軽量コンパクトでありながら、テーブルの強度を大幅に改善されたモデルになります。しかも、SOTOやイワタニ、トランギアのバーナーなど5種類に対応しており、互換性が高いです。

メリット
デメリット
  • テーブル上がスッキリ&広く使える
  • 軽くてコンパクトなので持ち運びに便利
  • 輻射熱を遮断し、より安全に!
  • 5種類のバーナーに対応
  • テーブルが熱くなる
  • ナット紛失に注意

この記事では、遮熱板兼テーブルの使用感や注意点について解説します。

他の遮熱テーブルの商品と重量やサイズなどの比較表を作成しましたので、ご検討中や買い替えを考えている方は必見です。

参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んで頂けたらうれしいです。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル

まずは、基本情報についてみていきましょう。

基本情報

出典:ZEN Camps
製品名SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル
サイズ長さ 320mm × 幅 165mm
重量約335g
材質アルミ(アルマイト処理)

シングルバーナーの上に遮熱板兼テーブルをセットするだけで、ちょっとしたテーブルになり、ケトルやマグカップ、シェラカップなどを置くことができます。

従来モデルから2本脚から3本脚に強化され、テーブルの歪みを抑えたモデルになっています。

さらに、アルマイト処理が施されているので、300℃の熱まで耐えることが可能です。
お湯を沸かす、ホットサンドを作るなど、通常使用する温度や時間での調理なら問題ないとのこと。

鉄板は異常に高温になる場合があります。使用する際は、火力を抑え、短時間の調理にとどめてください。

ちなみに、付属でZEN CampsのオリジナルCB缶カバーが付いてきます!CB缶カバーを装着するだけで、かっこよくなりますね。

輻射熱を遮断し、より安全にバーナーを使用できる

テーブルとしての機能だけでなく、輻射熱ふくしゃねつを遮断する機能も兼ね備えています。

ガス缶に高温の輻射熱が伝わると、中に入っている液化ガスの圧力が急に高くなり、爆発する危険性があります。

なので、遮熱板がついていないバーナーは、輻射熱が直接CB缶に伝わります。長時間使用すると、より高温になりやすいので、取扱に十分注意が必要です。

SOTO ST-310の場合、純正の遮熱板が付いています。この遮熱板で、ある程度の輻射熱を遮断していると思いますが、面積が小さいため、長い時間使うとCB缶周りに熱がこもってきそうです。

一方で、遮熱板兼テーブルはCB缶全体をおおっており、面積が広い分、輻射熱を遮断しブロックしてくれます。

長時間を調理する方は、遮熱板兼テーブルがあるとより安心ですね。

5種類のバーナー/ストーブとの互換性

ZEN Campsのシングルバーナー用遮熱板兼テーブルは、5種類のバーナー/ストーブに対応しています。

SOTOのST-310にセットしてみます。組み立てたら、バーナーの上に被せるだけでOKです。

取り付けづらいようなこともありません。

火力調整のつまみもスムーズに回すことができます。

この種類の中で、トランギアのアルコールバーナーを持っていますので、セットしてみるとこんな感じ。

ピッタリですね!

この5種類のバーナーやストーブなら買い替えても、遮熱板兼テーブルをそのまま使い続けること可能なのでたいへん便利!

こちらが対応する5種類の商品です。

組み立て方

ZEN Campsの遮熱板兼テーブルは、2分割になっています。

組み立て方はカンタンです。

  • STEP1
    2枚のプレートを連結させる
    2本の長いボルトについているプレートに、もう1枚のプレートを繋げます。
  • STEP2
    ナットを締める
    2箇所の黒いナットを締め付けます。
  • STEP3
    脚を3箇所広げる
    裏側にある脚をしっかり広げます。
  • STEP4
    完成!
    あとはバーナーやストーブに装着するだけです。

約20秒で完成します。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの魅力と特徴

実際の使用感もみていきましょう。

軽量コンパクトで持ち運びがラク!

ZEN Campsの遮熱板兼テーブルの最大の特徴は、軽くてコンパクトであること!

持ち運びがラクになり、荷物をできるだけ少なくしたいキャンパーに向いていますね。

袋収納時の重量は約386gと軽い!後ほど、他の商品と比較していますが、ZEN Campsは最軽量です。

さらに、袋収納時のサイズは縦20cm×横20cm×厚み2cmなので、非常にコンパクト。厚みは収納ケースのデッドスペースになっている隙間にちょうど入るくらいの薄さになっています。

他の商品をまとめて比較した表がこちらです。

商品名重量使用サイズ
(幅×奥行き×高さ)
収納サイズ
(縦×横×厚さ)
材質対応バーナー
ZEN Camps
SOTO ST-310
シングルバーナー用
遮熱板兼テーブル

約386g32.0 × 16.5 × 7.8cm20.0 × 20.0 × 2.0cmアルミ(アルマイト処理)SOTO ST-310
SOTO ST-330
iwatani ジュニアコンパクトバーナー
iwatani マイクロストーブ
trangia アルコールスト
FUTURE FOX
SOTO ST-310専用
シングルバーナー

約620g32.0 × 21.5 × 8.0cm33.0 × 22.0 × 1.5cmアルミ合金SOTO ST-310
ESCAPE CITY
遮熱テーブル

約600g37.6 × 15.3 × 9.5cm30.0 × 15.3 × 3.3cmトップボード:アルミ
トッププレート:ステンレス
SOTO ST-310
Rmete
遮熱テーブル

約665g32.0 × 20.0 × 8.5cm23.0 × 17.5 × 4.3cmステンレスSOTO ST-310
SOTO ST-330
iwatani ジュニアコンパクトバーナー
trangia アルコールストーブ
KVASS
遮熱テーブル
約683g32.0 × 21.0 × 7.8cm21.0 × 17.0 × 3.0cmステンレスSOTO ST-310
SOTO ST-330
iwatani ジュニアコンパクトバーナー
trangia アルコールストーブ

ZEN Campsと他の商品の比較結果をまとめてみますと…

比較結果

他の商品の重量は600g台であるが、ZEN Campsは300g台と半分程度の軽さ。
ZEN Campsの使用サイズは小さい位置付け。
ZEN Campsの収納サイズは最も小さい。
ZEN Campsが対応バーナーは5種類であり、互換性が高い。

比較してみると、ZEN Campsの遮熱板兼テーブルは最軽量であり収納サイズが一番コンパクトになるので、携帯性が優れているのが大きな特徴ですね!

CB缶上のスペースを有効活用し、広く使える

遮熱板兼テーブルを使うことで、CB缶の上のデッドスペースを有効活用できます。

マグカップやケトル、クッカーを置くことができるので、テーブルをより広く使えるようになります。

先ほどの比較表によると、使用サイズは小さめの位置付けでしたが、トランギアのケトル0.6Lツンドラ3の一番大きい鍋を置くことが可能です。

メスティンを遮熱板兼テーブルに置くと、テーブル上がスッキリしますね!

CB缶やテーブルへの油はね、汚れをブロック

遮熱板兼テーブルを使えば、CB缶全体を覆ってくれるので、調理時の油はねや汚れを全てブロックをしてくれます。

サッと拭くだけでOKです。

また、メインテーブルへの油はねや汚れの付着を低減してくれる効果もありますね!

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの注意点

ここからは気をつけてほしいことを書いていきますが、ステンレスやアルミ素材のテーブルに共通することになります。

ただ、分割式ゆえの注意点が一つあるので、みていきましょう。

テーブルは高温になるので、やけどに注意!

お湯を沸かした後のケトルをテーブルの上に置いた状態で、しばらくするとテーブルへ熱が伝わり、触ると熱くなっていました。

高温のものを置いたら触らないように注意しましょう!

ナットを紛失しないように!

2分割になっている遮熱板兼テーブルを2個のナットで締め付けて連結させます。そのナットが小さく、コロコロ転がっていきそうなので、無くす可能性があります…。

しかし、ZEN Campsさんは予備で2個のナットを付属でつけてくれてます!

ユーザーのことを考えてくれてる気がして、うれしいですよね^^

取付時、取り外し時は地面に落とさないように気をつけましょう!

携帯性に優れた遮熱板兼テーブルならコレ!

 ZEN Campsの遮熱板兼テーブルはいかがでしたでしょうか。

一つのテーブルや小さいテーブルを使用している方なら、CB缶上のデッドスペースをなくすことができ、今よりも広くテーブルを使えるようになります。

また、最軽量&コンパクト収納サイズにより、携帯性が優れるため、ミニマリストキャンパーや登山キャンパーにおすすめできる遮熱板兼テーブルです。

メリット
デメリット
  • テーブル上がスッキリ&広く使える
  • 軽くてコンパクトなので持ち運びに便利
  • 輻射熱を遮断し、より安全に!
  • 5種類のバーナーに対応
  • テーブルが熱くなる
  • ナット紛失に注意

個人的には対応しているバーナーが多いため、今後バーナーを買い替えても遮熱板兼テーブルをそのまま使えるのがうれしいです^^

ZEN CampsオリジナルのCB缶も付属してきますので、検討してみてはいかがでしょうか。

ZEN Campsの関連記事もどうぞ!

今や焚き火シートはキャンパーのマナーの一つですね。ブラックモデルがかっこよくて、焚き火シートにこだわりたい方におすすめ!通常の焚き火シートもあります。

【ZEN Camps】おすすめの焚き火シートはコレ!シックなブラックモデルも有り!【PR】こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! キャンプ場やお庭で焚き火をするとき、焚き火シートを使っていますか? ...

「持って損はしないギア」といえば、アッシュキャリーです!これで焚き火後の面倒な燃えカスの処理を解決してくれます。

【ZEN Camps】燃えカスの片付けはアッシュキャリーにおまかせ!【PR】こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です! 楽しいキャンプも終わり、あとは撤収を残すのみ。そんなときに焚き火の燃え...
こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA