【サーマレスト 】最強のキャンプ枕!コンプレッシブルピローで本当に快眠できた!

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です!

あなたはキャンプで気持ちよく眠れていますか?
私は今までのキャンプで快眠できなかったときはこんなことが起きます。

キャンプで快眠できないと…
  • 朝起きた時に首や肩周りが凝っている
  • 目覚めの悪い朝を迎える
  • 朝食後の片付けやテント、タープなどの撤収がだるくなる
  • キャンプ場から自宅までの帰り道が眠くなる

しっかり睡眠を取らないと、いろんな支障が出るんですよね…。
やっぱり人間にとっては『睡眠』がめちゃくちゃ大事なんです!

そこで今回はグッと快適度が上がったキャンプ道具をご紹介します。

それがこちら↓↓

この記事では、キャンプで快眠できなくて困っている方、どのピローが良いのか検討されている方、サーマレストのピローはどんな感じなの?と興味がある方に向けて書いてます。最後まで読んでいただくことで実用性が分かると思いますので、参考にしてみてください。

結論から言います。

魅力まとめ
  • 収納サイズは少し大きいけど、寝心地は良い。
  • 自動で膨らむため、手間がかからない。

それでは、さっそくみていきましょう!

もくじ

なんでサーマレストのピロー(枕)を選んだのか?

私がサーマレストのピローを選んだ理由は3つあり、下記のとおりです。

私がサーマレストを選んだ理由
  1. エアー注入式ピローが合わなかった
  2. インフレータブルタイプの寝心地とコンパクト性のバランスが良かった
  3. 圧倒的な口コミ数と高評価だった

それでは、詳しくみていきます。

エアー注入式ピローが合わなかった

1つ目の理由は、エアー注入式ピローが合わなかったからです。

今使っているマットはエアー注入式ピローが付いてきます。私たちだけかもしれませんが、何度か空気量を調整して自分たちに合う高さを探してみたのですが、なかなか見つけることができませんでした。

あと、エアータイプのブヨブヨ感が合わず、ピロー部は空気を入れずにずっと使っていない状態でした。なので、代わりにタオルや衣類、クッションを持って行き、寝ることが多かったです。

だけど、タオルや衣類だと枕の高さが足りず寝心地が微妙で、クッションだと寝心地は良いですが、かさばっていたので寝心地も良くてコンパクトなピローを探そうと思いました。

インフレータブルタイプのバランスが良い

2つ目の理由は、事前リサーチでインフレータブルタイプが寝心地とコンパクトのバランスが一番良かったからです。

詳細はこちらの記事を読んで欲しいですが、ピローの種類によって、快適性(寝心地)や携帯性(コンパクト)はほぼ決まってきます。バランス重視の私たちは「インフレータブルタイプ」一択でした!
【随時更新】ぐっすり眠れるおすすめ枕8選!キャンプの寝心地はピローで決まる!

あわせて読みたい
【随時更新】ぐっすり眠れるおすすめ枕8選!キャンプの寝心地はピローで決まる! こんにちは、bambi夫婦(@bambi_camp11)です! 今回はキャンプ用品の中で、地味に重要なアイテム「枕(ピロー)」についてです。 できるだけ荷物を減らすために、枕を衣類...

Amazonでの口コミが圧倒的だった(5,000個以上の評価)

出典:Amazon

3つ目の理由は、圧倒的な口コミ数!評価数はなんと5,015個、しかも☆4.5の高評価!
(2020.09.17現在)

男性の口コミ
熟睡できました!
男性の口コミ
もはや、普通のマクラ
男性の口コミ
膨らむのに時間がかかる

どんな商品にも良し悪しがあるのですが、今までAmazonでいろんな商品を見てきた中で、こんなに評価数が多く、評価も良い商品は珍しいと思いましたね!

デザインや収納サイズとかいろいろ他社比較してみましたが、正直この圧倒的な口コミ数と高評価が決め手でした!笑

キャンプや登山、車中泊をする方たちがこのピローを使って、こんな高評価なのに、もしそれが私たちに合わなかったら「しょうがないな」とあきらめがつくと思ったので買いました。

コンプレッシブルピロー(枕) | サーマレスト

ピローの話をする前に余談ですが、私はサーマレスト(THERMAREST)といえば、ピローよりもウレタンマットの方がイメージが強かったですね。

例えばザックに付いているマットがZライトソルです。収納性はもちろんのこと、表面は柔らかく耐久性が優れているので人気のある商品の一つ。実際に使っている人が多い印象です。

出典:Amazon

そんなサーマレストから発売されているのが「コンプレッシブルピロー」になります。
まずは基本情報をみていきましょう。

基本情報

サイズS:30×41×10cm
M:36×46×10cm
L:41×58×10cm
重量S:198g
M:255g
L:340g
カラー6種類
材質起毛ポリエステル

サーマレストのコンプレッシブルピローはインフレータブルタイプになります。どんなシーンにおいても信頼性が証明されているピローらしい。

ちなみに『MADE IN U.S.A.』です。

本体を広げると自動的に空気が入り、膨らむようになっています

マットレス製造時に出るフォームの切れ端を使っているため、ソフトな枕に仕上がっています

サイズ

出典:モチヅキ

サイズはS、M、Lの3種類があります。
どのサイズにするべきか悩むと思います。

ちなみに、私たちが使っているのはMサイズです。
寝心地だけを求めるなら、おうちで使っているぐらいの大きさのピローが良かったのですが、コンパクトにならないと思い、Lサイズはやめました。SとMサイズで悩み、いろいろバランスを考えて、最終的にMサイズにしました。

登山をする方なら、よりコンパクトになるSサイズの方が向いているかもしれませんね。

カラー

出典:Amazon

現在発売されているカラーは全部で6色。いろいろ調べてみると、今までいろんなカラーが発売されていたみたいですね。本当はミリタリーのコヨーテやオリーブが欲しかったのですが、現在はネットで探しても見つかりません。

ですが、現行のピローのデザインはシンプルなモノから柄モノ、カラーも落ち着いたグレー系や紺系もありますし、鮮やかな赤や黄色もあります。私は落ち着いた感じのが好みなので、「ブルーウーブンドット」にしました。

コンプレッシブルピロー(枕)の注意点

まずは注意点について解説します。
注意点は2点ありますが、デメリットを許容できそうなら、そのまま特徴(魅力)についても読んでください。

Mサイズはティッシュボックスよりも少しデカイ…

まず率直な思ったことは、「収納時は少しデカイな…」です。
500mlペットボトルよりもちょっと大きいくらいかな?と想像していました。500mlペットボトルがなったので、ティッシュボックスと並べて見ると、少し大きめですね。

最近の私たちはキャンプ道具の軽量化を図っているので、なるべくコンパクトなピローを探していました。軽量&コンパクトならSサイズでも良かったのですが、bambi嫁は横に寝返るを打つことが多く、「寝心地はどうしても妥協できない!」ということで、なるべく大きめの方が寝やすいと思い、バランスが良いMサイズにしました。

ピローを圧縮してビルトインポケットに収納させれば、大きさは約1/3になります
比較した記事に載ってたピローとほぼ同じ大きさですね。

想像していたよりも少し大きいけど、寝心地が良かったので許します!笑

完全に膨らむまでに時間がかかる

インフレーターブルタイプのピローなので、広げたら自動的にエアーが入り膨らみます。なので、息を吹いて膨らませる必要はまったくありません。

逆にすぐ膨らませたくてもバルブがないので待つしかないです。完全に膨らむまでに時間がかかるのが欠点かもしれません。検証してみたら、30分ぐらいで完了します。

私たちの場合は、テント設営が終わって、すぐにピローを広げて膨らませる状態にして放置しておきます。そうすれば勝手に膨らんでくれるので、特に問題はありません。ただし、寝る直前になってピローも取り出してもすぐには膨らみませんので注意してください。

コンプレッシブルピロー(枕)の特徴

続いては、サーマレストピローの特徴、魅力をみていきましょう。

やっぱり寝心地は最高です

肝心な寝心地はどうなのかというと、個人的には最高でした。
一番気にしていた寝心地が良くて、快眠できて一安心です。Amazonのレビューを信じて正解!笑

冒頭でも書きましたが、今使っているハイランダーのインフレーターマットはエアー注入式ピローが付いています。このタイプだと、頭を置いたときに不安定であり、頭がグラグラ動いてしまってたので、私たちに合っていませんでした。

サーマレストのコンプレッシブルピローはマットレスのフォームを使っているため、手で触るとゴロゴロしています。このゴロゴロ感を少し心配していましたが、実際に寝てみると、ソフトな感触であり、個人的にはクッションに近いのかなと思いました。もちろん、頭がぐらつくようなことはありません

あとはMサイズにして正解でしたね。先ほど少し書きましたが、bambi嫁は寝相がちょっとだけ悪い方で、寝返りを打つことが多いです。←こんなこと書いたら怒られるかも、、、
なので、サイズが少し大きいMサイズを選んだわけですが、嫁いわく「ぐっすり眠れた」と絶賛していました。私も気になるところがないくらい気持ちよく寝ています。

洗濯可能なので、清潔に使い続けれる

枕は直接顔に触れるモノなので、いつでも清潔な状態にしたいですよね、、、
そう、このピローは洗うことができるんです!やり方はとてもカンタン。

ピローの洗い方
  • ぬるま湯で洗濯用洗剤を入れる。(一般的な洗剤でOK)
  • 手で押し洗いする。
  • しっかりすすぎ、手で押しながら脱水する。
  • 風通しの良いところで陰干しで乾燥させる。

注意して欲しいことは洗濯機で洗わないこと!けど、手で洗うのが面倒なので、洗濯機の機能「おうちクリーニング」を使って洗ってみようかと密かに思っています。笑
※自己責任でお願いします。

「洗濯するのが面倒くさいよ!」と思う方はタオルなどを敷いて寝ると良いかもです。そしたらタオルだけを洗えばOKですからね。

まとめ:口コミの評判どおり、寝心地は良い!

いかがでしたでしょうか?

個人的には買って正解のピローで満足しています。むしろ、もっと早く買えば良かったと少し後悔してるぐらいです。笑

もう少し高い枕がいい!と思う方は一度洗濯してみるのもありです!クチコミをみると、洗ってから使うと、膨らみが増し、弾力も上がるという声が多いので試してみてはいかがでしょうか?

これでキャンプでの睡眠不足が一気に解消するかもしれません。

魅力まとめ
  • 収納サイズは少し大きいけど、寝心地は良い!
  • 自動で膨らむため、手間がかからない。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

静岡県在住。美しい景色とギア好きな夫婦キャンパーです。
ハピキャン公式ライター・ソトシル公式メディアとして、キャンプ用品やキャンプ場に関する情報を発信中!

もくじ