キャンプ道具

【YETI】保冷缶ホルダー(缶クーラー)の保冷力は圧倒的!高価な理由を解明しました。

これから暑いシーズンが到来しますね。

夏といえば、キンキンに冷えたビールが最高にたまらない。あー、ごくごく飲みたい…。

今回は暑いシーズンの必須アイテム「YETI 缶ホルダー」をご紹介します。アウトドアだけでなく、家キャンプでも活躍してくれること間違いなし!

YETIってどんなメーカー?

出典:YETI

キャンプが好きな方であれば、知らない人はいないでしょうか。

保冷力もバツグン、たとえグリズリーに遭遇しても壊れないクーラーボックスで有名ですよね!

「YETI」とはアメリカのテキサス州オースティンを本部とし、2006年に設立したクーラーボックスやドリンクウェアなどを取り扱う会社です。

創業者のロイ・サンダーズと兄のライアン・サンダーズはアウトドアに情熱をかけた兄弟。そんな二人は、当時利用していたクーラーボックスのハンドルが壊れ、ラッチが外れ、フタが壊れたりと品質に不満を抱いていました

彼らはシンプルに「壊れることなく、毎日使い続けれるクーラー」を求め続け、今の最高級のクーラーボックスに至っています。

YETI 缶ホルダー(缶クーラー)の基本情報

出典:楽天市場

カラー ステンレス、オリーブ、ブラック、ホワイト、ネイビー
サイズ(外寸) 12.4×7.9cm
重量 240g
缶サイズ 350ml
素材 ステンレス18-8

二重の真空断熱で保冷力を長時間キープし、最後の一口まで温度を保ちます。YETIファンには嬉しい缶の形をかたどったアクセサリーも付いてきます。

バンビ
バンビ
食洗機で洗うことができるよ〜

ちなみに、素材も「ステンレス18-8」って何のことかご存知でしょうか?

少し専門的な用語ですが「SUS304」のことです。下記の成分で構成されたステンレスのことであり、水まわり製品(スプーンやフォーク)に使用されています。

ステンレス18-8 = SUS304 = 鉄+クロム18%+ニッケル8%

出典:weblio辞典

こんな話は置いといて、何を言いたいかと言いますと…食器・調理道具の世界だと、18-8は「結構良いステンレス」と言われています。(出典:高橋総本店)

つまり、YETIの缶ホルダーは「結構良いステンレスを使っている」ということです。

錆びにくいだけでなく、水と反応して臭いを分解するし、強度・伸びも非常に優れている。だから値段が高いのかもしれませんね!

YETI 缶ホルダー(缶クーラー)の魅力

それでは、YETIの缶ホルダーの魅力について語っていきたいと思います。

保冷力比較:圧倒的な保冷力を持つ

「YETIってただ高いだけでしょ?本当に保冷力すごいの?」と思っていませんか?

実は私も思っていたんです。

「タナちゃんねる」さんが6種類の缶ホルダーを検証した動画があります。これを是非見て頂きたいです。

YETI以外の缶ホルダーは1時間経過して「+4.5〜8.0℃」上昇していますが、YETIの缶ホルダーは「+2.2℃」しか上がっていません!圧倒的な保冷力を持つことを証明しています!

この検証は室内だったので、上昇値はこれぐらいでしたが、実際は外で使うと思います。本来はもっと差が開いたのではないでしょうか。

キンキンなビールを飲みたい私にとっては、かなり重要なことです!

瓶ビールにぴったり

350ml缶だけでなく、瓶ビールにもぴったりです。

コロナビールをよく飲むので、家でも使っています!

重量感があり、頑丈!

分厚いし、頑丈であるため、重量感があります。

薄くて軽量の缶ホルダーも良いですが、アウトドアで気にせず使えるので安心感があります。

バンビ
バンビ
存在感もあるね!

YETI 缶ホルダー(缶クーラー)の注意点

次は注意点を見ていきましょう。

シリコンに唇が当たる

飲み口に近い黒い部分がシリコンになっています。飲む時に、このシリコンに下唇が当たるので、気になる人は気になると思います。

使用する度に洗う必要があるので、少し面倒に感じるかもしれませんね。

重め

重量感があるため、少し重たく感じるかもしれません。

まとめ

YETIの缶ホルダーはいかがでしょうか?

確かに缶ホルダーの中では価格は高い位置付けですが、使用している素材、構造、そして圧倒的な保冷力を持つ、この缶ホルダーはとても魅力的だったと思います。

「ブランドだから高い」ということでなく、ちゃんとした高い理由があることが分かって納得できました。

キンキンに冷えているビールを長時間キープし続ける缶ホルダーを5千円くらいでゲットできるのは安いのではないかと思います。

Amazonで偽物が届くという口コミをちらほら見かけます。心配な方は正規代理店もしくは楽天市場で購入することをおすすめします。

あなたもお家キャンプで試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事がイイね!っと思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ