キャンプ場

【大野路ファミリーキャンプ場】全面芝生サイトで富士山を眺めながらキャンプを楽しめる!

こんにちは、bambi夫婦(@bambi_fufu)です!

2020年8月上旬に静岡県裾野市にある大野路ファミリーキャンプ場に行ってきました。

敷地が全面芝生サイトであり、富士山をみながらキャンプすることができるという最高のロケーション。しかも、裾野ICから約12分で着くので、アクセスも良い。

大野路キャンプ場は温泉がキャンプ場内に隣接し、おいしい馬肉店やスーパーなど周辺スポットも充実しています。

キャンプ場の施設やサイトについてブログにまとめましたので参考になってもらえるとうれしいです。

大野路ファミリーキャンプ場

出典:大野路ファミリーキャンプ場

基本情報

営業時間 3月〜12月
チェックイン 10:10
チェックアウト 15:00(ハイシーズン 10:00)
標高 600m
住所 〒410-1231 静岡県裾野市須山2934-2
電話番号 055-998-1567
施設 AC電源(15台)、洗い場(4箇所)、トイレ(4箇所)
(RG)レギュラーシーズン 3月〜12月(ハイシーズンを除く)
(OF)オフシーズン 1月〜2月(年末年始を除く)
(HI)ハイシーズン GW、お盆、7月・9月・10月・11月の3連休
※事前に振込が必要
販売 薪(針葉樹) ¥500、薪(広葉樹) ¥700、炭 ¥500

料金

c

ハイシーズン及びAC電源サイト、トレーラー、ロッジのレギュラーシーズンの場合は事前振込となるため、注意が必要です。

MAP

裾野ICを降りて、約12分でキャンプ場に到着するのでアクセスが良いです。

大野路ファミリーキャンプ場 サイト・施設情報

撮影したサイトの詳細情報です。
雰囲気が伝わると良いのですが、1日目はあいにくの曇りだったので、暗い写真が多いかもしれませんが、ご了承ください。

サイト

サイトはエリア1〜17まで分けられています。チェックイン時にどのエリアを使って良いのか印を付けてくれます。

印が付いているエリアであればどこでも利用することができます

全てではないですが、各エリアをチェックしてきました。

まずエリア3-1はちょっとした丘があり、トイレと洗い場が隣のサイトにあるため、便利です。左奥にロッジがあり、そこがエリア2になると思います。

エリア3-1

エリア3-2は平坦部が多いサイト。
写真に少し写っていますが、左側に大きな木があるので、富士山を見ることができないなさそうです。曇っていたので確証はありませんが、高さのある木だったので富士山と被っていそうでした。

エリア3-2

エリア4は面積は小さいですが、洗い場がかなり近いサイトです。

エリア4

エリア5はトレーラーハウスのサイトになります。

エリア5

エリア6はこんな感じです。中央付近は子どもたちが遊べるスペースがあります。
撮影している裏側に富岳(ピンクの建物)があるため、富士山が見えづらいかもしれません。管理棟(ゴミ置き場)に近いですが、トイレや洗い場から少し遠く感じました。

エリア6

エリア7は幼児用遊具が中央付近にあり、子どもたちが広々と自由に遊ぶことができます。
ファミキャンが最も多く、管理棟、トイレ、洗い場も近いサイトです。
天気が良ければ、富士山が見えるサイトだと思います。

エリア7

エリア8はエリア7と繋がっています。このサイトも広々としていて、ファミキャンが多いサイト。ここも富士山が見えそうです。

エリア8

エリア8の別角度がこちら。いい感じです。

エリア8

エリア9はトイレ、洗い場があるサイトになります。
右側に富士山が見えますので、ここはおすすめです。

エリア9

比較的広いエリアであり、晴れていたら洗い場の上側に富士山が見えるはずです!

エリア9

今回は利用したのがエリア10になります。あまり広くはないですが、その分利用者が少ないため、落ち着いた雰囲気でした。

天気が良ければ、富士山を眺めながらキャンプすることができます。2日目の朝だけですが、少し富士山が見えたものです。

バンビ
バンビ
ラッキー!!

エリア10エリア10

こちらが全体です。
トイレと洗い場がエリア9にあり、近かったので不便さは感じなかったです!

エリア10

エリア11はエリア9と繋がっています。トイレと洗い場が近い。
全体的に小さめのサイトです。こじんまりとしたキャンプを楽しめます。

エリア11

場所によっては芝生ではなく、土の部分があるのが少し気になりました。

エリア11

エリア12もほぼエリア11と同じ印象でした。

エリア12

残念ながらエリア13は富士山を見ることができません
トイレと洗い場が遠いのも気になります。

エリア13

エリア14は広めのサイト。大型テントの方なら周りを気にせずに設営することができます

エリア14

富士山を眺めながらキャンプができるのですが、建物や木などで見れないエリアもありますので注意が必要です。

管理棟

エリア7に管理棟があります。薪を購入することはできます。
受付のレストランで購入することも可能です

洗い場

エリア9の洗い場です。蛇口が多いため、順番待ちせずに使うことができます。
シンクは広く、水の勢いも良いです

ちなみにこの水道水は富士山の雪どけ水を飲むことができます

バンビ
バンビ
美味しい水でした〜!

こちらはエリア4の洗い場です。

トイレ

トイレは全部で3箇所に設置されています。
男性トイレ内はこちら>>写真①写真②

大野路ファミリーキャンプ場 特徴

富士山を眺めながらキャンプできる

サイトにもよりますが、富士山を眺めながらキャンプをすることができます。
目の前が富士山!今回はエリア10からでしたが、前のエリア9も良さそうです。

残念ながら天気が悪かったので、ちょっとしか富士山をみることができなかったです。
次回は富士山を拝めたいですね!

広大なフリーサイトで開放的なキャンプを楽しめる

サイト面積は東京ドーム2個分よりも広く、国内有数の広さを誇ります
しかも、全面芝生のサイトというのが驚きです。

日帰り温泉がすぐ近くにある

出典:富士遊湯の郷 大野路

「富士遊湯の郷 大野路」の露天風呂がすぐ近くにあります

家族風呂もあるので、貸切で利用することができますね!

出典:富士遊湯の郷 大野路

しかもキャンプ場を利用すると、割引券が渡されます。
大人¥800→¥600、子供¥500→¥100でお得に利用することができます。

チェックアウト時間は15時!

チェックアウト時間は15時なので、2日目の朝はのんびりして過ごすことができます。

だいたいのチェックアウト時間は10〜12時が多いイメージですが、2日目もキャンプしながらお昼を食べれるのでうれしいですね!

子どもたちが遊べれる遊具がある

エリア7にはブランコなどの遊具があるので子供たちが遊ぶことができます

スペースも広く、走り回ったり、フリスビーを投げたりと開放的です。

ゴミを全て捨てれる

管理棟のすぐ前に可燃物(ペットボトル)、アルミ缶、スチール缶、ガス缶、びんなどを捨てることができます

個人的にゴミを捨てれるキャンプ場はすごくありがたいので、分別や捨てれないものは持ち帰るなどのルールをしっかり守って捨てましょう!

大野路ファミリーキャンプ場 注意点

注意点についてまとめていきます。

ハイシーズンは区画サイトに変更、チェックアウト時間が10時に!

ハイシーズンの時はフリーサイトから区画サイトに変更されるため、注意が必要です。

チェックアウト時間も15時から10時に短縮されます

出典:大野路ファミリーキャンプ場

良いサイトを確保するためにはチェックイン前に並ぶ必要がある

まず、レストラン大野路で受付してチェックインします。
サイトの確保はチェックイン後に、車をキャンプ場内に移動できるようになるので、狙っているサイトがあるなら早めに行き、並ぶことをおすすめします

ちなみに土曜日の9:15頃に着いたら、7〜9組ぐらいが列に並んでいました。

10時15分頃になると、駐車場まで列が伸びていました。

バンビ
バンビ
人気ですね!

大野路ファミリーキャンプ場 周辺情報

周辺情報になります。近場にいろいろあるので、不便に感じなかったです!

温泉(富士遊湯の郷 大野路)

出典:富士遊湯の郷 大野路

入浴の受付時間 3〜11月: 10:10〜20:00
12〜2月: 10:10〜19:00
料金 中学生以上 ¥800 (¥600)
2歳以上 ¥500 (¥400)
( )は割引券利用時
大樽家族風呂 料金:¥3000
人数:1家族5名まで
時間:45分

スーパーマーケット(オギノ 富士岡店)

出典:OGINO

住所 〒412-0034 静岡県御殿場市大坂字今堀319-15
電話番号 0550-78-7311
営業時間 9:30〜21:00

山崎精肉店

出典:山崎精肉店

住所 〒412-0048 静岡県御殿場市板妻114-1
電話番号 0550-89-1229
営業時間 8:30~19:00(当面の間、18:00までの営業)
定休日 火曜日、第4月曜日 (臨時休業有り)

バンビ
バンビ
いろんな種類のお肉があるよ〜!キャンプこそイイお肉を食べよう!

まとめ:全面芝生が気持ち良いキャンプ場

天気が悪くて、あまり富士山を見ることができなかったですが、晴れていたら雄大な富士山を眺めながらキャンプができる最高のキャンプ場

全面芝生サイトであり、気持ちよくキャンプを楽しめました!
広々スペースで、ゆったりキャンプを楽しむことができることが最大の魅力ですね!

この記事がイイね!っと思ったらポチッと応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
こちらの記事もどうぞ!