キャンプ道具

【コットでお昼寝したい♡】気になるキャンプ用コット5選!

こんにちは

bambi嫁です。

 

今まで寝具はマットを使用していたけれど、コットも気になってきた…。

そのように思っている方も多いのではないでしょうか?

シェルター下でのリビング兼寝室のスタイルも憧れるし、タープ下でコットでお昼寝なんて、すっごく気持ち良さそう!

地面との空間を作ることで、地面からの熱気や冷気も緩和してくれます。

 

そこで今回は気になる「コット」をまとめました。

 

1.コットの種類

コットには大きく分けて2種類あり、高さが高めの「ハイコット」と高さが低めの「ローコット」があります。

 

ハイコット

・ベンチの代わりになったり、荷物置きにもなり万能

・コット下にスペースもあるので、ちょっとした物を置くこともできる

・地面に直接置くときには、高さがある分、私のように虫が苦手な方でも安心して使うことができる

・デメリットとしては脚の部分が長いため、軽量・コンパクトの面でローコットには劣る

 

ローコット

・安定性があり、寝返りも安定

・高さの低いテント内でも圧迫感がない

・転落のリスクが低く、小さなお子様でも安心

・軽量・コンパクトで持ち運びに便利

・デメリットとしては、下の収納スペースが無いこと。また、地面からの距離が近く、虫が苦手な方は外では安心して使えないかも

 

2.コットの選び方

軽量・コンパクト

様々なキャンプスタイルがある中で、登山やソロ、バイクなどのキャンパーさんも多く、軽量・コンパクトが重要視されてきており、実際に軽量・コンパクトに優れた商品も数多く出てきています。オートキャンプの方も、多くの荷物を運ぶので軽量・コンパクトであることは嬉しいですよね。

 

大きさ

体格の大きい方や寝返りを多くうつ方は、長さと幅の大きさを考慮すると、ぐっと寝心地が良くなると思います。

また、幅の広いものにすれば、お子様との添い寝も可能となります。

 

耐荷重

何人かでベンチのように座ったり、荷物も少し置きたいと考えている方は、耐荷重も考慮するべきです。

どのように使いたいかをイメージし、それに耐えうる耐荷重の物を選びましょう。

 

組み立てやすさ

コットの中には、組み立てに時間がかかるものや、力がいるものがあったりします。

女子キャンパーなど力に自信がない方やコットにあまり労力を使いたくない方は、組み立てやすいものを選ぶとストレスなく使うことができるでしょう。

 

価格

価格はやはり気になるところ。1万円以下のものから、4万円もするものまで。

機能性とのバランスも考慮して、納得のいく一品を見つけたいですね。

 

3.気になるコット5選

① Qualz(クオルツ)2WAYライトビームコット

出典:楽天市場

 

ワイルドワンのブランド。脚部パーツの差し込み口を変更するだけで38cmと26cmの2段階に高さ調節が可能。収納サイズがとてもコンパクトであり、従来品の半分のスペースで収納可能となった。値段もお手頃。

 

【使用時サイズ】191×61.5×36.5/22.5cm

【収納時サイズ】55×19×17cm

【重さ】(約)3.3kg

【耐荷重】100kg

 

 

② OUTPUT LIFE(アウトプットライフ)EASY COT

出典:アウトプットライフ

 

フットロックを踏むだけでテンションがかかりがっちり固定でき、たった1〜2分程度で誰でも簡単に組み立てが可能。アースカラーでスタイリッシュ。お値段もお手頃価格。

【使用時サイズ】190×64×42cm

【収納時サイズ】97× 11× 24cm

【重さ】約5.8kg

【耐荷重】約150kg

 

web shop:plywood

 

 

③ Helinox(ヘリノックス)コットワン コンバーチブル

出典:楽天市場

 

独自の技術により、少ない力でも簡単に組み立てができるロースタイルのコットです。別売りの「コットレッグ」をつけることで、ハイコットにすることが可能です。脚が3本のため、軽量で組み立てが簡単です。

【使用時サイズ】190×68×16cm

【収納時サイズ】54×16cm

【重さ】2190g

【耐荷重】145kg

 

 

④ Helinox(ヘリノックス)コットホーム  コンバーチブル

出典:ヘリノックス

 

独自の技術により、組立・分解が簡単にできる軽量なロースタイルのタクティカルコットです。別売りの「コットレッグ」をつけることで、ハイコットにすることが可能です。ホームデコ&ビーチのチェアのコット版であり、おしゃれ。しかし、なかなかの高値。

 

【使用時サイズ】190×75×16cm

【収納時サイズ】58×17.5cm

【重さ】2300g

【耐荷重】145kg

 

 

⑤ GO-KOT(ゴーコット)レギュラー

出典:ゴーコット

 

アメリカのブランド。シンプルでかっこいいデザインと耐久性を併せ持つコット。耐荷重は158kgと最強。組み立ての構造自体は簡単だが、やや力がいるとのこと。

【使用時サイズ】188×66×18cm

【収納時サイズ】71×18×7.6cm

【重さ】3.85kg

【耐荷重】158kg

 

web shop:Trailhead

4.まとめ

気になるキャンプ用コットはありましたか?

ハイコットとローコットを切り替えることができるタイプはとても便利ですよね。

お気に入りのコットでより楽しいキャンプを過ごしましょう!

 

気になるおしゃれキャンプテーブルもまとめました。

[nlink url=”https://bambi-camp.com/table”]

 

この記事がイイね!っと思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ